2019年に阪急阪神百貨店が日本初のWeChat Payスマート旗艦百貨店に

2020年3月10日8:00

レストランQRコードオーダー、店内案内、VIP顧客向け会員カードを展開

エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)は、インバウンド需要を取り込もうと中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)との連携を強化している。全国16店舗を展開するグループの阪急阪神百貨店では、2018年からモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を導入、19年7月には、中国国外で初のWeChat Payスマート旗艦百貨店となった。

阪急阪神百貨店インバウンドマーケティング部
ディビジョンマネージャー 白井 康之氏

旗艦店でWeChat Payのシェアが上昇
飲食店や化粧品売り場の利用が目立つ

阪急阪神百貨店によると、大阪では、2013年ごろから中国人観光客が増加し、15年には「爆買い」がピークとなった。その後も右肩上がりで推移し、最近は広州など中国内陸部からも訪れるようになり、さらに増えてきているという。阪急うめだ本店の売上高におけるインバウンドのシェアは15%ほどで、そのうち約8割を中国本土からの顧客が占める。

阪急うめだ本店では、中国人観光客向けにクレジットカードで「銀聯」、モバイル決済サービスではPOSレジを連動させて「Alipay」、「WeChat Pay」を導入。国内向けには「PayPay」や「LINE Pay」、「メルペイ」などの決済サービスを取り入れている。

中国向けのモバイル決済サービスでは、当初はAlipayが強かったが、19年にWeChat Payスマート旗艦百貨店となってからは、独自キャンペーンの展開もあり、WeChat Payのシェアが上昇した。阪急阪神百貨店インバウンドマーケティング部ディビジョンマネージャーの白井康之氏は「単価の高い商品には銀聯カードを使われますが、レストランなど食品関連や、化粧品はWeChat Payでの決済が多いですね」と話す。

QRコードをスマホで読み込み注文
VIP顧客向け会員カードを電子化

阪急阪神百貨店では、18年のWeChat Pay導入を機に、主要4店舗でコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」の公式アカウントを開設。阪急うめだ本店ではWeChatを活用し、飲食店内に設置されたQRコードをスマートフォンで読みこんで注文する「レストランQRコードオーダー」、AI(人工知能)とのチャットで売り場やサービスを案内する「店内案内」、海外VIP顧客向け会員カードの電子化などに取り組む。

19年7月からは、中国人観光客向けにWeChat上で購入した化粧品を、阪急うめだ本店の化粧品エクスプレスカウンターで受け取れるサービスを開始。旅行の前から化粧品を注文・決済できるのが特徴で、売り場で待つストレスを軽減できる。

阪急うめだ本店での「化粧品予約受取サービス」

WeChatはすでに中国でサービスインフラ、コミュニケーションツール、エンターテイメントの手段となっており、中国人観光客は自国で同様の機能を使用している。

購入履歴から興味軸に沿った情報を発信
グループと連携したキャンペーンも

WeChatを活用した取り組みは徐々に充実してきているが、課題もある。2020年1月末現在、阪急うめだ本店の12店舗で利用できるQRコードオーダーの利用率は上昇傾向にあるが、サービスに気付かない中国人観光客もいるという。白井氏は「日本でも使えることが認知されていけば、利用率はさらに上がると考えています」と話す。

レストランのメニューをスマホから注文できる
「レストラン QR コードオーダー」

化粧品の受け取りサービスでは、人気商品だと対応が難しいこともある。注文から受け取りまでは通常1日かかるが、注文時間によっては翌々日になるケースもあるため、WeChatと在庫を連携させるシステムの構築や、タイムラグの短縮など改善を図っていく。

また、今後は購入履歴などこれまでに蓄積されたデータを分析し、飲食店でのメニュー開発や化粧品のキャンペーンなど顧客の興味に合ったきめ細やかなマーケティングに力を入れる。WeChatの公式アカウントについても、5万~6万人いるフォロワー全員に同じ情報を発信するのではなく、それぞれの興味に沿った情報を発信できるように、POS情報と連携させるシステムの開発を進める。

白井氏は「例えば、WeChat Payで化粧品を購入したお客様の興味軸に近い属性のお客様にアプローチするなど一歩踏み込んだマーケティングを展開したいです」と話す。WeChat PayやAlipayを導入しているグランフロント大阪や阪急三番街などグループのほかの商業施設と連携した大阪・梅田地区でのキャンペーン展開も検討していく。

カード決済&リテールサービスの強化書2020より

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP