フライトのマルチ決済端末「Incredist Premium」にマイナンバーカード読み取り機能を搭載した後継機種が誕生

2020年7月13日8:15

フライトシステムコンサルティングは、2016年から提供してきたマルチ決済端末「Incredist Premium」の後継機種、「Incredist PremiumⅡ」の販売を今秋から開始する。新たにマイナンバーカード読み取り機能を搭載したことで、各種決済に加えて本人確認も1台で行うことが可能になる。政府は今年9月から、マイナンバーカード所持者を対象にキャッシュレス決済でマイナポイントを25%、最大5,000円分還元する事業を実施すると発表しており、これを機にマイナンバーカードの普及が一気に進む可能性がある。そのような中、マイナンバーカード読み取り機能を備えた「Incredist PremiumⅡ」は小売業・サービス業の店頭でどのような活躍が期待されるのか――。フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長 片山圭一朗氏に話を聞いた。

マイナンバーカードの読み取りイメージ

マルチ決済端末に本人確認機能を搭載
マイナンバーカード読み取り機としていちはやく認定を取得

6月末で終了したキャッシュレス5%還元事業に続き、政府は9月から、マイナンバーカード所持者を対象にキャッシュレス決済で25%、最大5,000円相当のマイナポイントを還元する事業をスタートさせる。日本の喫緊の課題であるキャッシュレス化とマイナンバーカードの普及を、同時に推進する狙いだ。マイナンバー制度開始から約4年半が経過してもいまだ所持率が20%に届かないマイナンバーカードであるが、今後は健康保険証や運転免許証など生活になくてはならない機能をこれに集約することも検討されていることから、所持率は大きく伸長していくものと推測される。

この動きを睨み、フライトシステムコンサルティングでは。2016年から提供してきたマルチ決済端末「Incredist Premium」の後継機種、「Incredist PremiumⅡ」に、いちはやくマイナンバーカード読み取り機能を実装する。マイナンバーカード読み取り機能を搭載する端末には、地方公共団体情報システム機構が実施する適合試験を受け、合格することが求められる。「Incredist PremiumⅡ」はこれをクリアし、適合機種としての認定を受けた。

「マイナンバーカードにはICチップもNFCも付いていて、コンタクトにもコンタクトレスにも対応できます。これを使って本人確認を行い、決済まで完了できる端末のニーズは大きいと考え、1年ほど前から開発を進めてきました」と、フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長 片山圭一朗氏は振り返る。今秋からの本格的な販売開始に向けて、現在、クラウドベースの本人確認・決済のソリューションを含め、調整を急いでいるところだ。今のところまだ競合は現れていないとしたうえで、片山氏は「先行者メリットを生かして、ビジネスの基盤固めに邁進したい」と抱負を語る。

接客カウンターでのマイナンバー読取(イメージ)

店頭から求められている確実かつ安全安心な本人確認手段
近い将来、本人確認はマイナンバーカードが主流に?

iPadなどのモバイルデバイスとの組み合わせで、小売・サービス業の店頭に多様で柔軟な決済環境を提供する「Incredist Premium」。携帯キャリアのSoftbankショップをはじめとした大手キャリア、ホテル、ファッションブランドショップ、旅行代理店、家電量販店など多店舗展開を図る大企業の多くに採用されている。

小売・サービス業が顧客に個人情報の提示を求めざるを得ない場面は、決して少なくない。例えばコンビニで酒類やタバコを購入しようとすれば、20歳以上かどうか、タッチパネルで回答を求められる。しかしこの方法では、うがった見方をすれば“なりすまし”も可能だ。一方、例えば携帯電話の契約のように、より厳密な本人確認が必要とされる場合、店舗では契約者に運転免許証などの提示を求め、そのコピーをとって保管するのがこれまでの通例だった。しかしもし、そのコピーが流出するような事態が起きれば大問題になる。マイナンバーカードに記載された情報を端末で読み取ることで、店舗側には必要以上の個人情報を残さず、正確かつ安全安心に本人確認を行うことができれば、これらの課題を一挙に解決できる。

「Incredist Premium」の既存ユーザーの中にもこのようなニーズは高い。「Incredist Premium」は2016年のリリースから約4年が経過し、ユーザーは今後順次リプレイスの時期を迎えることになるが、コンパクトなサイズや重量はそのままにマイナンバーカード読み取り機能を搭載した「Incredist PremiumⅡ」への移行は、スムーズに進んでいくものと見られている。

「Incredist PremiumⅡ」

「本人確認×決済」で広がるアプリケーション
中小専門店やクリニックでの活用に期待

フライトでは「Incredist PremiumⅡ」リリースを機に、新規ユーザー獲得にも意欲を見せる。ターゲットの1つは、決済機能付き会員カードを発行している中小規模の専門店。現状、会員カードの発行には、膨大な情報を顧客自身の手で記入あるいは入力してもらう必要があるが、マイナンバーカード読み取り機能によってこれを簡素化できる。ショッピングモールに出店している専門店などを対象に、ユーザーの開拓に力を入れたい考えだ。

フライトシステムコンサルティング 代表取締役社長 片山圭一朗氏

もう1つ、「Incredist PremiumⅡ」のターゲットとして同社が想定しているのが、病院だ。すでに自動精算機を導入している大規模な総合病院は別として、町のクリニックのキャッシュレス化は遅れている。しかしマイナンバーカードに健康保険証の機能が搭載されることになれば、これで診療費の支払いまで済ませたいというニーズが高まることは必須で、クリニックのキャッシュレス化が一気に進む可能性は大きい。クリニックでの円滑な運用ができるよう、フライトは今、厚生省や医療系SIerとのディスカッションを重ねている最中だ。「Incredist PremiumⅡ」は今秋のリリース後、年間数万台の納入が見込まれている。

いまだ発展途上のマイナンバーカードは、マーケティングツールとしての可能性も未知数。今後の動向は注目に値する。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP