グループホテルで5種類のQRコード決済導入(JR九州ホテルズアンドリゾーツホールディングス)

2020年7月15日13:00

JR九州ホテルグループの3社、JR九州ハウステンボスホテル、JR九州ホテルズ、JR九州ステーションホテル小倉は、運営する全施設において、QRコード決済の導入を随時拡大し、すでに導入済みの「Alipay」に加え、2020年7月14日から、「PayPay」「WeChat Pay」「au PAY」「LINE Pay」「d 払い」が新たに利用可能なると発表した。

同サービスの導入により、利用者の決済手段の選択肢を拡大し、利便性のさらなる向上につなげるとともに、新型コロナウイルス感染拡大以降、接触リスクの低減の観点から高まりつつあるキャッシュレス化の対応をさらに推進していくそうだ。

利用者のスマートフォンなどに表示された QR コードを、店頭のタブレット端末で読み込むと決済が完了する。

なお、対象施設は、J九州ハウステンボスホテルのホテルオークラ JR ハウステンボス 1 施設、JR九州ホテルズのTHE BLOSSOM、JR 九州ホテルブラッサム、JR 九州ホテル計11施設、JRホテル屋久島、別府温泉 竹と椿のお宿 花べっぷ 合計13施設、JR九州ステーションホテル小倉のJR 九州ステーションホテル小倉1施設となる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP