決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第5回(2/3)

2011年1月5日8:10

決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第5回(2/3)

要件13. 顧客、リセラー、インテグレータ向けの指示文書とトレーニングプログラムの保守

カード会員データ環境へのペイメントアプリケーションの安全な導入と維持

要件13には、決済アプリケーションが安全に導入および維持されるために必要な文書とトレーニングプログラムを用意し、導入を行うインテグレータや加盟店に提供しなければならない旨が要求されている(図2)。本要件がPA-DSS準拠に必要であるということからも、各ステークホルダーの役割が明確になる(厳密にすると、PCI SSCやブランド、PA-QSAなども登場する)。

図2 決済アプリベンダは、インテグレータ/加盟店に、決済アプリケーションを完全に設定、導入させなければならない

要件13には、大きく分けて2つの要求事項がある。1つは、“PA-DSS実装ガイド”を用意すること、もう1つはトレーニングを提供することである。トレーニングは、PA-DSS実装ガイドを用いて行えば良いので、大きく1つの要求事項としてとらえても良いだろう。

実装ガイドは、作成、保守、配布プロセスに従う必要がある。これは、企業で文書を作成するプロセスとして特に変わった点はないと考えられる。実装ガイドのポイントは以下の通りである。

●作成時…要件で求められている点を網羅すること

● 配布時…アプリケーションと実装ガイドを共に配布すること

● 作成後…1年に1回レビューを行うこと

また、文書の改訂や配布、レビュー実施など、簡単でも良いので記録しておくことも重要である。

実装ガイド内容の要約”の読み方と

実装ガイド作成時のコツ

付録の実装ガイドでは、要件に散りばめられているのに加え、“コントロールの実装責任(Control Implementation Responsibility)”という列があり、当該要件に対してベンダ、加盟店やリセラ、インテグレータがどのような責任を持つかが記載されている。要件2.1を例に確認してみよう(図3)。

図3 付録A: PA-DSS実装ガイドの内容の要約(抜粋)

定義した保存期間を過ぎたカード会員データは破棄しなければならないという要件だが、この要件について、実装ガイドに記載しなければならないことが2点挙げられている。

●定義した保存期間を過ぎた後、破棄する必要がある旨

●ペイメントアプリケーションがカード会員データを保存するすべての場所

1点目のような内容については、そのままオウム返しで記載してしまうのが良いだろう。あまり意気込んでオリジナルの文章や文言を盛り沢山にして作成してしまうと、実装ガイドのバージョンアップ時(アプリケーションのバージョンアップ時)、PA-DSSのバージョンアップ時など、その内容が正しく盛り込まれているか、の確認に手間取ってしまう。上記1点目については、ずばり以下のように記載してしまおう。

「カード会員データは、定義した保存期間を過ぎた後、破棄する必要がある」

2点目のような内容の場合、具体的な場所の記載が求められているため、オウム返しというわけにはいかない。実際に、カード会員データが保存されるすべての場所を記載する。パスを含むファイル名や、データベース上のテーブル名やカラム名なども考えられる。

⇒⇒決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第5回(3/3)へ

⇒⇒決済アプリケーションセキュリティ基準「PA-DSS」入門 第5回(1/3)へ戻る

⇒⇒連載目次へ

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP