PCI DSS対応を強化した「SecureCube / Access Check」 3.5(NRIセキュア)

2011年1月19日0:28

NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は2011年1月17日から、エージェントレスの特権ID・アクセス管理ツール「SecureCube / Access Check(セキュアキューブ・アクセスチェック)」3.5の販売を開始したと発表した。

PCI DSSの基準の中では、サーバ上に保存されているペイメントカード会員データのアクセス制限や個人IDの割当、およびアクセスログの追跡・監視など、高度なアクセスコントロール・ログ管理が求められている。これらの要件を実現するには、利用者個別にアクセス制限の設定や、個人ごとに作業の都度IDの払い出し、作業後のすべての申請書とログの突き合わせなど、サーバ管理の現場において非常に負担のかかる作業となっている。SecureCube/Access Checkは、これまで日本版SOX法(J-SOX)のIT統制対応やリモートアクセス管理など、特権IDを用いた本番サーバへのアクセス管理に利用されてきた。今回提供を開始するバージョン3.5では、PCI DSS要件への対応を検討しているユーザーにも、より高度なアクセスコントロール・ログ管理を利用いただけるように対応するプロトコルに、新たにSCP/SFTPを追加。また、PCI DSS要件を満たす方式で暗号化し、さらに改ざん検知を可能としている。

SecureCube / Access Checkの導入に必要な1ライセンスの定価は、最小構成版で195万円からとなっており、今回のバージョンアップによるライセンス費用の変更はない。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP