データ保護&暗号化の重要性について解説(日本セーフネット)

2011年11月30日10:00

日本セーフネットは、2011年11月29日、同社のデータプロテクション・ソリューションで実現する企業コンプライアンス、機密情報の保護、および、製造業や社会インフラでの活用事例などについて説明会を開催した。

SafeNetは、データ保護に関するソリューションを提供する会社だが、「クラウド&仮想化へのパラダイムシフト」「デジタルサービスへの移行による接続性の高いサービスの到来」「アマチュアから組織ぐるみの犯罪に変化するサイバーセキュリティ」「コンプライアンスとデータ保護」により、情報セキュリティが変わりつつあり、ネットワークセキュリティからデータの保護が求められる時代になったという。

米国・SafeNet Inc. ヴァイス・プレジデント プロダクト・マーケティングのツィーオン・ゴーネン氏

米国・SafeNet Inc. ヴァイス・プレジデント プロダクト・マーケティングのツィーオン・ゴーネン氏は、「データを保護する手段として『暗号化』がもっとも重要である」と話す。大手企業の中でも、クラウドコンピューティングへの移行に関しては、情報セキュリティがネックとなり、導入を躊躇しているところも少なくない。

SafeNetでは、仮想環境において重要なデータを隔離し、オーナーが暗号キーを管理することにより、セキュリティ面での課題を解決できるとしている。

「暗号化により、データをきちんと管理して拡張することが大切です。暗号化も情報セキュリティも大切なのはバランスで、パフォーマンスや使い勝手が悪くなってしまうと元も子もありません。コスト、リスク、使い勝手のバランスを取ることが大切だと思います」(ツィーオン・ゴーネン氏)

なお、仮想環境下でのPCI DSS対応に関しては、2011年6月に「Information Supplement:PCI DSS Virtualization Guidelines」がPCI SSCからリリースされた。現状、米国では「プライベートクラウド」でPCI DSSに対応した事例は出てきているが、複数の企業が利用する「パブリッククラウド」に移行した場合は、対象範囲の増大や、データを隔離するのが難しいといった課題がある。そのため、「カード会員情報などの重要な情報をパブリッククラウドで運用するのは、あと2~3年はかかると思います」と同氏は見解を述べた。

また、同社では、インターネットバンキングにおける従来のトークンを利用した認証などでは、悪意のある者が、ブラウザ上で構えていて、ユーザーが認証した後に資金を動かされる可能性を否定できないとしている。同社では、OTPベースの光学署名トークンやブラウジングプラットフォーム「eToken NG-FLASH Anywhere」などを提供しており、今後は「トランザクションベース」のセキュリティが重要になると説明した。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP