福岡銀行、熊本ファミリー銀行、親和銀行がフィッシング対策サービスを導入(EMCジャパン)

2012年6月19日13:05

EMCジャパンは、福岡銀行、熊本ファミリー銀行、親和銀行が、「RSA FraudAction(アールエスエー・フロードアクション)フィッシングサイト閉鎖サービス」と、「RSA FraudActionトロイの木馬対策サービス」 を2012年6月1日から導入したと発表した。

3行が採用したのは、フィッシングサイトを速やかに閉鎖して個人情報の流出やマルウェアの感染を食い止めるフィッシングサイト閉鎖サービスと、各行の利用者を狙う「トロイの木馬」を検知して「感染ポイント」、「コマンド&コントロールサイト」、「ドロップサイト」を閉鎖し、犯罪者に窃取されたユーザーIDやパスワード等の個人情報を回収して被害を最小に抑えるサービスである。

福岡銀行、熊本ファミリー銀行、親和銀行は、金融持ち株会社であるふくおかフィナンシャルグループ傘下の銀行で、グループ全体でインターネットバンキングにおける不正取引の予防と利用者の保護に取り組んでいる。一例としてRSA SecurIDによるワンタイム・パスワードで認証を強化し、インターネットバンキング利用者に無償で提供している。

3行は、昨今のトロイの木馬によるフィッシングの多発を重くみて、フィシング詐欺被害を未然に防ぐセキュリティ対策としてRSA FraudActionを採用した。このように、異なる種類のセキュリティ対策を実施する多重防御により、対策の効果を高めることができるという。

EMCジャパンは、オンラインサービスの不正に対して、長年培ってきた知識と経験を最大限に活用し、フィッシング詐欺や個人情報の窃取から利用者を保護する製品、サービスを提供して安全なオンライン取引を支援していきたいとしている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP