2025年に向けたキャッシュレスセキュリティの注目点

2023年4月3日8:40

一般社団法人日本クレジット協会(JCA)が発表したクレジットカード発行会社を対象としたクレジットカード不正利用被害実態調査によると、2022年通年の不正利用被害額は436.7億円(前年比32.3%の増加)となった。2021年は過去最悪の330億円の被害額となったがそれをさらに更新した。クレジットカード会社によると、実際はさらに多い被害が出ているとの声もある。また、同統計データに反映されていない海外発行カードの国内EC加盟店での不正も顕在化している。

国内ではコロナ禍の影響もあり、非対面取引が伸びているが、それに伴い番号盗用の被害が拡大している。番号盗用被害額は411.7億円と、前年比32.1%の増加となった。クレジット取引セキュリティ対策協議会は、2023年3月14日に第10 回本会議を開催し、クレジットカード情報の窃取及び不正利用を防止するために、EC加盟店におけるカード情報保護対策及び非対面取引における不正利用防止対策のための取り組みを盛り込んだ「クレジットカード・セキュリティガイドライン【4.0 版】」を取りまとめた。

これによると、全加盟店に対し2025年3月末までに本人認証サービス「EMV 3-Dセキュア」導入を求めるなど、非対面の不正対策をより厳格化する方針だ。

今回のフォーカスでは、「ペイメントカード・セキュリティフォーラム2023」、冊子「決済セキュリティ2.0」から、不正対策の動向を紹介している。

■注目トピックス

業界横断的な不正対策に向けたインテリジェント ウェイブ(IWI)の取り組み(上)

TwoFive、なりすましメール対策「DMARC」の導入の効果と活用に当たっての注意点(上)

かっこ、国産不正検知サービス「O-PLUX」と3Dセキュアを併用するメリット ~20,000サイトの審査から見えてきた不正の傾向と最新活用事例~(上)

欧州規制PSD2から見るEMV 3Dセキュアの状況とForterソリューションを活用した国内外の最新事例(上)

デジタル世界の不正に立ち向かうためのLexisNexis® Risk Solutionsの最先端データ分析技術(上)

■注目取材記事

クレジット取引セキュリティ対策協議会、全加盟店へのEMV 3-Dセキュアの導入など適切な環境整備に取り組む

「Tap to Phone」などのCOTSやアプリ決済のセキュリティのポイントは?

「クレジットカード売上票の作成・保管に関するガイドライン」のポイントは?

ゼウスが「EMV 3-Dセキュア」の月額費用を無料に、2025年3月まで全加盟店への導入目指す

■決済セキュリティ2.0

ビザ・ワールドワイドが推進する 最新EMVテクノロジーとセキュリティ(上)

アメリカン・エキスプレス、本人認証サービス「American Express SafeKey」で不正の抑止に成功

三井住友トラストクラブ、2019年7月の3-DS2.0導入当初から100%動的パスワードを採用

EMV 3-DS導入が義務化される2025年に向けた 国際決済ネットワークブランド、イシュア、 加盟店それぞれの視点と、共創の取り組み(上)

大日本印刷、イシュアの3-Dセキュア1.0からEMV 3-Dセキュアへの移行は順調に完了

DGFT、予定通りに既存ユーザーのEMV 3-Dセキュアへの切り替えが進む

GMO-PG、自社でサーバーを保有しEMV 3-DSへの対応にいち早く着手

西川、サブスクリプションの「Sleep Charge」と公式ECサイトに不正検知サービス導入

JCB、イシュアが共同してクレジットカード不正利用対策に取り組む

三菱UFJニコス、不正利用検知システムにPKSHAのAIソリューションを導入

リンク、「PCI DSS Ready Cloud」がいち早くv4.0対応のサービス提供を開始

【認定審査員が解説】PCI DSS v4.0準拠に向けた対応のポイント(上)

PCI SSCがCOTSの新規格「MPoC」を発表 国内における今後の普及のシナリオと利用拡大を阻む課題とは―?

 

決済サービスに係るAML/CFT対策の必要性の 拡大と今後の動向(上)

本フォーカスにより、国内の不正対策の強化につながれば幸いである。
※「Paymentnavi  Pro2023」会員は全文の閲覧が可能。

参考

経済産業省がEC加盟店のセキュリティ対策を強化 原則全EC加盟店にEMV 3-Dセキュアの導入を求める

経済産業省 全EC加盟店がEMV 3-Dセキュア対応へ、DMARC導入をカード会社に呼びかけ

Visa、EMV 3-Dセキュア移行後の成果は?Visa Token Serviceは今年中の国内ローンチ目指す

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP