「UNIQUE DATA CONFERENCE 2020」を開催、日本の総人口の56%が利用するTポイントのデータ活用を紹介(CCCマーケティング)

2020年11月19日7:00

CCCマーケティンググループのCCC MARKETING HOLDINGS、CCCマーケティング、Tポイント・ジャパンおよびTマネーは、2020年11月17日~18日の2日間に、「UNIQUE DATA CONFERENCE 2020」と題したオンラインのビジネスカンファレンスを開催した。

主催者として挨拶したTポイント・ジャパン 代表取締役社長 長島弘明氏は、同カンファレンスで「ユニークデータを解決力に。」を掲げたという。「データは正確性、客観性、冷静な気持ちにつながるもの、ユニークは、独自性、主体性、熱い気持ちにつながるもの。この一見相反する言葉がつながることで新しいひらめきが生まれ、課題の解決力につながればと考えている」とした。これまでCCCマーケティンググループでは、これまで大規模なカンファレンスを開催してこなかったというが、今回は2 日間にわたって「量×質×ID」のデータマーケティングを知る8つのテーマのカンファレンスを行った。

Tポイント・ジャパン 代表取締役社長 長島弘明氏

Tポイントの会員数は2020年9月末時点で7,067万人。同数字は、直近1年間に1度でもTカードを利用するアクティブな会員、かつTカードを複数枚持つ人は1人として重複を除いた名寄せ後のアクティブ・ユニークな数字となっている。ID数は2億8,000万となり、月間4,557万、週間2,715万人が利用しているそうだ。アライアンス企業も5,679社を数える。また、アライアンス企業の対象売り上げも8.5兆円、購買トランザクションも50億回(年)あるそうだ。さらに、リアル店舗数は17万4,849店舗となっている。Tポイントは日本の総人口の56%の利用しており、「T-ID」として、購買に加え、さまざまなデータが紐づいているのが特徴だ。

17日のキーセッションでは、NewsPicks Studios CEO/NewsPicks NewSchool校長の佐々木紀彦がモデレーターを務め、「リーダーこそ、顧客を見よ。経営に求められるマーケティング戦略」と題し、ケイアンドカンパニー 代表取締役/元ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO 高岡浩三氏、CCC MARKETING HOLDINGS 代表取締役社長 北村和彦氏がセッションを行った。

また、クルマ専門雑誌「ル・ボラン」と、Tアライアンス企業のオートバックス、Tポイントの担当者が登壇し、データベースとマーケティング力、編集力を活用し、これからのモビリティ社会に提供する、未来に向けたチャレンジについて紹介した。さらに、「感性とテクノロジーが融和する次世代マーケティングとは?」と題し、CCCマーケティングの担当者がヒトの感性をマーケティングする次世代ソリューションを、最新のテクノロジーを介して実現する「ユニークデータ」の質と量の優位性について解説した。そのほか、T-IDのユニークデータを活用し、食品スーパー「マルエツ」、食の書籍を手がける出版社「主婦の友社」が手を組み、データを使った商品化の事例についても紹介した。

18日には、キーセッションとして、データが世界にもたらす本質的な価値とは何か?データとソーシャルレゾナンスとその先にある未来について、「Data for Social Good」を提唱する慶應大学の宮田裕章教授と、「UNIQUE DATA, SMALL HAPPY.」を使命とするCCC MARKETING HOLDINGSのChief Creative Officer谷川じゅんじ氏が語った。また、「データの可視化プロセスを生中継 ~ データから社会現象の “人となり” を明らかにします ~」と題し、電通 データ・テクノロジーセンター、Tableau Software、CCCマーケティング マーケティングの担当者が登壇した。さらに、マーケティングライターの牛窪恵さんと、 ニューノーマルが生む消費キーワードとビジネスチャンスについて考えるコーナーも設けられた。最後のセッションでは、CCCマーケティングが全国40万人のTVと購買がつながるデータを使って、 新しいTVの活用を紹介した。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP