2021年4月1日17:15

スマートフォンなどの汎用デバイスを決済の読み取り端末として利用できる新しいテクノロジーが注目されている。モバイルデバイスを用いるこの方法は、数年前から「PIN on Mobile」「PIN on Glass」として注目を浴びてきた。

数年前から注目を浴びてきた分野だが、国内では、ジェーシービーが2020年にマレーシアのフィンテック企業Soft Space Sdn. Bhd.と提携し、スマートフォンを非接触決済端末として利用する「Tap on Mobile(タップ・オン・モバイル)」の概念実証(PoC)を実施。また、傘下の日本カードネットワークが実証実験を2021年2月より3店舗で行っている。

画像はCARDNETの実証実験の様子(筆者撮影)

また、GMOフィナンシャルゲートが端末レスの決済サービスを2020年12月25日より本格提供を開始。フライトシステムコンサルティングでも2021年後半より開始する予定だ。

Visaでも「Tap to Phone(タップ・オン・フォン)サービス」が欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋、南米などで稼働しており、米国でも2021年から本格的な展開を検証を実施する。

汎用端末の活用により、決済端末のハードウェアの負担が軽減されるメリットがあるが、一方でアプリの更新やセキュリティ対策などの課題がある。

そこで、今回のフォーカスでは、認証サービス専門家による寄稿、関連企業の取材を通して、市販のタブレットやスマートフォンを活用したサービスの可能性を探る。

Android 端末で実現するタッチ決済「Tap-on-Phone」
【FIME Japanの技術解説】

CARDNETの「Tap on Mobile」実証実験にかける期待は?
専用端末不要、スマホが非接触決済端末に
~日本カードネットワーク

Android携帯が決済端末になる「Tapion」を2021年後半から提供開始
国内企業としての強みを武器に中小企業中心にサービス提供へ
~フライトシステムコンサルティング

Visaの「Tap to Phone」、小規模事業者や交通分野等での端末導入の負荷を軽減へ

※参考

市販デバイスを決済端末に使用する「SPoC」と「CPoC」 国内での普及やセキュリティのポイントは?

※Visaが「Tap to Phone」、Mastercardが「Tap on Phone」、JCBが「Tap on Mobile」の名称で展開しておりますが、本特集では「Tap On Phone」の総称で紹介しています。

※Paymentnavi Proの皆様は全文閲覧が可能です。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP