EMV 3Dセキュアへのガイド、概要・最新版・関連プレイヤー・導入時のテストは?【FIME Japanの技術解説】

2021年6月3日8:30 

認証機関であるFIME Japanの技術解説。今回は、EMV 3-Dセキュアの概要や最新版の特徴、関連プレイヤー、導入時の3つのテスト、最適なアプローチについて解説してもらった。

 

記事のポイント!
①CNPの促進をリードするソリューションの1つ
②EMVCoがオーナーシップを持って仕様を管理
③EMV 3DS 2.xの特徴
④3DSに関わるプレイヤー
⑤導入に際して行われるべき3つのテストとは?
⑥適切なアプローチを得るために

1. はじめに

オンラインショッピングなどクレジットカードを提示しないショッピング(CNP: Card Not Present)はコロナ禍の影響もあり飛躍的に成長しています。それに比例して、CNP取引を狙った不正利用事例も増加の一途をたどっています。ICチップが付いたEMVカードを提示する取引を狙うよりも、CNP取引を狙う方が詐欺師にとっては容易であることは想像に難くありません。

そこで、業界はオンライン詐欺を防ぐ対策を講じたのですが、最初はあまりうまく機能しませんでした。消費者は複雑な固定パスワードを覚えなければならないなど、既存の認証方法に否定的な反応を示したからです。そこでEMV 3-Dセキュア(以下、EMV 3DS)は、CNPの促進をリードするソリューションの一つとして登場しました。

2. 3Dセキュアとは

Three-Domain Secure (3DS)は、CNP取引におけるカード所有者の認証に使用される標準メッセージングプロトコルです。EMV 3DSは、加盟店、イシュア、アクワイアラー、ペイメントネットワーク(以下、ペイメントスキーム)など、すべての関係者にとって、標準化され、調和された、安全な認証ソリューションを定義しています。つまり、ユーザーにとってストレスのないオンライン認証ソリューションを提供することを目的としています。業界団体であるEMVCoがオーナーシップを持ち、仕様を管理しています。

3. 最新版の特徴

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP