2021年6月30日7:50

セゾン情報システムズは、2021年6月23日にオンラインで記者説明会を開催し、次世代クラウド型データ連携プラットフォーム「HULFT Square(ハルフトスクエア)」を開発し、2021年第3四半期から提供を開始すると発表した。

セゾン情報システムズ 代表取締役社長 内田 和弘氏

セゾン情報システムズ 代表取締役社長 内田 和弘氏は、「今までは供給者の視点で交通、通信、消防など、バリューチェーンの終着点が一人一人の消費者にバラバラに提供されていましたが、これからは幅広い世代、一人一人のありたい姿に基づいて、業種業種をまたがったエコシステムで、最適で新しい価値を提供するか変わってきていると思います」と説明した。従来、セゾン情報システムズでは、個別企業、個別の業種業態のサプライチェーンの最適化のために運用・開発ビジネスを行ってきた。HULFT製品群も個別企業の業態の最適化のために、オンプレミスでデリバリーして顧客にシステムを使ってもらう形だったが、これからは生活者の視点から提供していくことが求められるとした。生活者を中心に置き、業種業態をまたがって安全に往来して連携するプラットフォームが必要であるため、次世代クラウド型データ連携プラットフォーム「HULFT Square」を発表したという。従来のHULFT製品とハイブリッドで使ってもらうことで価値が広がるとした。

続いて登壇した、執行役員 ビジネスイノベーションセンター長 広川 守氏によると、HULFT Squareのテーマは「広場」だという。広川氏は「手段から目的を意識したプラットフォームを作っていきたい」とした上で、「楽しい・発見がある・学べる」を実現させていきたいとした。また、「コンセプトは、情報を“安全・安心・柔軟”に連携させるサービスプラットフォーム」であるとした。連携機能群として、データ、サービス、企業間のビジネスを同士をつないでいく。まずは同社の製品であるHULFTと連携。利活用ソリューション群として、分析、可視化などのサービスを提供する。また、SaaSやオンプレミスの連携に加え、さまざまなクラウドサービスをつなぐハブとして提供していく。さらに、顧客企業やパートナーのビジネス基盤としても開放し、「みんなのプラットフォーム」を実現させていきたいとした。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP