豊田市の商業施設「T-FACE」と提携したクレジットカード発行(エポスカード)

2021年8月23日18:24

エポスカードは、2021年10月15日から、豊田まちづくり(愛知県豊田市)が手がける商業施設「T-FACE(ティーフェイス)」との新たな提携カードの発行を開始する。

エポスカードは、全国の政令指定都市を中心に展開する「マルイ」「モディ」に加え、北海道から鹿児島まで、各地の商業施設との提携カード発行を通じて、発行拠点の全国展開を進めている。

「T-FACEエポスカード」(エポスカード)

今回提携する豊田まちづくりは、豊田市駅西口市街地再開発事業により1988年10月に誕生した「T-FACE」のSCデベロッパーとしての役割に加え、行政、会議所、商業者、地域とともに、豊田市中心市街地の賑わいと魅力あるまちづくりを目指している。

エポスカードは「T-FACE」を新たな拠点とし、豊田まちづくりと一体で、互いの顧客拡大と魅力あるまちづくりを目指す。

「T-FACEエポスカード」の申し込みは、「T-FACE」A館7Fのエポスカード センター、エポスカードのホームページにて募集する。カードセンターには、エポスカードのスタッフが常駐。スマートフォンアプリでのも申し込みで、ICチップ搭載のVisaカードを最短20分で発行し、当日からクレジットでの施設特典を利用可能だ。申し込みの受け付けから発行、利用案内までを小売のノウハウを持った同社グループの社員が行うことで、施設のファンづくりやカード会員の拡大にも取り組むそうだ。

また、すべての提携施設の優待を共通して受けられるエポスカード独自のスキームを活かし、豊田市周辺に住む既存エポスカード会員への案内を通じて、「T-FACE」の利用機会の拡大・新規の得意客づくりを支援する。なお、エポスカードはCO₂削減に向けた取り組みとして、廃棄プラスチックのリサイクル素材を採用している。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP