「ID連携 API サービス」提供、外部事業者サービスに登録・ログイン可能に(三菱UFJ銀行)

2021年9月28日7:30

三菱UFJ銀行は、同行のインターネットバンキングである三菱UFJダイレクトの利用者が、三菱UFJダイレクトのアカウントを使って外部サービス会社(事業者)のオンラインサービスに登録・ログインできるようになる「ID連携 APIサービス」の提供を、2021年10月より開始すると発表した。

同行は三菱 UFJダイレクトのアカウントを利用して、事業者のオンラインサービスへ登録・ログインできるようになるID連携機能および、ID連携と同時に三菱UFJダイレクトに登録された利用者情報を、利用者同意を前提に事業者に連携する機能をAPI形式で事業者に提供する。

ID連携APIサービスを利用したログイン画面(三菱UFJ銀行)

事業者は、同行のセキュリティ基準を充たした認証機能を事業者サービスの当人認証でも利用できる。また、銀行口座開設時に犯罪収益移転防止法に基づいて実施した本人確認済情報を事業者が提供するサービスへの申込時の身元確認に活用可能だ。さらに、同サービスによって取得した情報を登録フォームに埋め込めば、利用者が入力する項目を減らすことができるため、事業者サービスにおける会員登録率を高めることが可能だ。

利用者にとっては、三菱 UFJ ダイレクトのアカウントに登録されている情報を使って、事業者が提供するサービスの会員登録ができるようになるため、利用者情報の入力項目を減らすことができる。また、使い慣れた三菱UFJダイレクトの ID・パスワードで事業者が提供するサービスにログインできるため、事業者毎に固有の ID・パスワードを設定する必要がなくなる。なお、連携される利用者情報は、氏名や生年月日、住所、性別、電話番号、メールアドレスであり、三菱 UFJ ダイレクトの ID・パスワード自体が事業者に連携されることはないそうだ。

現在、三菱UFJモルガン・スタンレー証券とFinatext ホールディングスが同サービスの導入を予定しており、今後、導入先を順次拡大していく計画だ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP