右肩上がりで増え続けるフィッシング詐欺にどう対抗すべきか 関係各所との連携による対策実施の現状と今後の見通し

2022年4月4日8:30

フィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング詐欺に関する報告数は、2019年の5万5,787件から、2020年の22万4,676件、2021年の52万6,504件と大きく増加している。同協議会ではこれらの報告の内容を、一般および事業者に向けて公開し、注意喚起を促すとともに、関係各所と連携し、被害を抑止するさまざまな対策を講じている。フィッシング対策協議会事務局(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)吉岡 道明氏に、対策の現状と今後について話を聞いた。(書籍「ペイメントビジネス・セキュリティ対策の仕組み」より)

フィッシング詐欺の報告が激増
今も月5万件ペースで情報が寄せられる

 日本クレジット協会の発表によると、2020年のクレジットカード不正利用被害額は251億円。そのうち番号盗用被害額が223億6,000万円で89.1%を占める。そしてその大半が、フィッシング詐欺による被害と見られている。

フィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング詐欺に関する報告数は、2019年が5万5,787件であったのに対し、2020年には22万4,676件と約4倍に増え、2021年には52万6,504件とさらに前年の倍以上に増加した。月ベースでは2021年12月に6万3,159件と過去最高の報告件数を記録。さすがに伸び率は鈍化しているというものの、2022年に入っても月約5万件前後のペースで報告が上がってきているという。

フィッシング報告件数(年度)
出典:フィッシング対策協議会

吉岡氏は、「われわれが把握しているのはあくまで報告数であって、発生件数ではない」と前置きしながらも、この数字は「世の中にいかにおびただしい量のフィッシングメールがばらまかれているかの証左」と断言する。

犯罪者は、多くの人々とかかわりの深いブランドの名をかたってフィッシングメールを送りつける。ここ数年、報告数が最も多いのはAmazon。楽天も増加傾向にある。コロナ禍でEC利用が増えたことが背景にあると同協議会は見ている。

犯罪者が最も手に入れたいのは、クレジットカード情報。そのためクレジットカード会社を名乗るフィッシング詐欺は以前から多く、メジャーブランドに限らず多数のブランド名を使った詐欺事件が発生している。決済手段と結び付いているという意味では、キャリア決済を提供している通信キャリアをかたる手口も目立つ。スマホ決済も例外ではなく、メルペイを展開するメルカリを名乗るフィッシングメールの報告が、2021年10月以降、急激に増えている。

一般向け、事業者向けに情報を提供
関係各所とともに根本的な解決策を探る

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP