2022年5月11日8:00

公正取引委員会では、フィンテック(FinTech)を活用した金融サービス市場のフォローアップ調査を行う。2020年4月に公表した実態調査報告書により、決済インフラの料金値下げなどで成果を生んだが、金融サービス分野の競争環境をさらに改善し、イノベーションの促進と利用者の利便性のさらなる向上を図るため、フォローアップ調査を実施する。同調査を実施する背景について、公正取引委員会事務総局 経済取引局調整課 課長補佐 山本真弘氏に話を聞いた。

フィンテックを活用した金融サービス市場のフォローアップ調査の実施(概要)
出典:公正取引委員会 令和4年3月30日付 事務総長定例会見資料より

前回調査後、決済インフラが引き下げで成果
5つの提言についてフォローアップ調査

フィンテックを活用した金融サービス市場のフォローアップ調査では、令和2年4月の「家計簿サービス等に関する実態調査報告書」および「QRコード等を用いたキャッシュレス決済に関する実態調査報告書」公表以降、電子決済等代行業者の銀行へのアクセスや銀行間手数料の引き下げ等について、銀行等において一定の成果がみられた。

例えば、NTTデータは、リテール決済インフラである「CAFIS」の料金見直しを2020年10月から実施。キャッシュレス決済のチャージに利用されるCAFISの即時口座振替取引の料金に加え、クレジットカード決済の料金は、処理1件あたり最大3.15円(決済金額にかかわらず同額)だったものが、1,000円以下の少額決済は決済金額の0.3%に変更している。また、キャッシュレス決済のチャージに利用されるCAFISの即時口座振替取引の料金は、処理1件あたり最大3.15円から1円に引き下がった。

山本氏は「CAFISの手数料が下がるなど一定の動きは見られますが、令和2年4月の報告書以降、どのような取り組みが行われているか、5つの提言について見ていきたいです」と話す。

1つ目は、「電子決済等代行業者の銀行へのアクセス確保」だ。家計簿アプリでは、銀行の口座情報へアクセスする必要がある。その中では、1年更新であることが多く、フィンテック事業者との交渉が行われている可能性があり、前回報告書から2年経過した際の経済面でのやり取りについて確認する。前回の調査後は、参照系API手続費用に係る電子決済等代行業者と銀行間の交渉状況で改善された点もあったが、一部のフィンテック事業者が銀行とのAPI接続を終了したケースもあるなど、「時間が経って状況が変化した点について確認します」と山本氏は話す。

※公正取引委員会の令和2年4月の報告書39頁では、「しかしながら、契約は1年更新であることが多く、電子決済等代行業者からのヒアリングによれば、多くの銀行から、今般の条件は、上記の期限を前提とした暫定的なものであり、契約更新に係る交渉の際に契約内容を見直す可能性について示唆されている者もいる」とされている。

即時口座手数料引き下げのQR決済事業者の恩恵、
銀行間手数料の引き下げで消費者の振込手数料に反映は?

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP