カード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定(GMOサイバーセキュリティ byイエラエ)

2022年8月9日19:53

GMOサイバーセキュリティ byイエラエは、2022年7月27日に、ペイメントカードの国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSの開発、管理、教育、および認知を行うPCI SSCから、カード情報漏えい事故を取り扱う調査機関であるPFI(PCI Forensic Investigator)として認定されたと発表した。

これにより、各種オンラインサービスをはじめとするクレジットカード情報等の漏えい事故に対し、PCI DSSに準拠したフォレンジック調査や、カード取引再開の支援が可能となった。

PCI DSSに準拠したフォレンジック調査や、 カード取引再開の支援が可能に(GMOサイバーセキュリティ byイエラエ)

クレジットカード等の情報漏えい事件は、被害状況に応じた損害補償や一定期間の営業停止など、加盟店に重大な影響を与えるため、通常のフォレンジック調査と比較して、被害の影響をより正確に調査することが求められる。仮に情報漏えい事件が起きた加盟店はPCI DSSにおいて、フォレンジック機関(PFI)により事件発生の事実を調査することが義務付けられている。PFIによる事実調査が完了するまで加盟店はクレジットカードを利用した営業活動が再開できない。

不正利用被害が増える一方で、国内のPFIは不足しており、現在調査を行うためには数か月待ちになっている加盟店も存在しているそうだ。早期の復旧に向けてPFIへの早期相談ができる体制の構築は、クレジットカード加盟店にとって重要な経営課題となっている。既存事業で培った攻撃者の視点によるフォレンジック技術の強みを活かし、同社の顧客でもあるクレジットカード加盟店の重要な経営課題を解決することが必要であると考え、今回の認定取得に至った。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP