楽天ペイメントが楽天ペイアプリでタッチ決済に対応した理由とは?海外の店舗や交通でも利用可能に

2022年11月10日8:00

楽天ペイメントは、2022年11月8日に、NFC(TypeA/B)による「タッチ決済市場と楽天ペイ成長戦略」と題した説明会を開催した。当日は、タッチ決済の現状、楽天ペイメントの取り組みや今後の展開について紹介した。

主要コード決済アプリで国内初タッチ決済対応

政府の統計によると、2021年の国内のキャッシュレス比率は32.5%となり、8割の比率を超える中国や韓国よりも低い数字となる。7割が現金決済となるように、「まだまだポテンシャルはあるとみて取れます」と楽天ペイメント 楽天ペイ事業本部 マーケティング&編成部 ユーザーマーケティンググループ マネージャー 奥村祥語氏は説明する。日本のキャッシュレス比率は2008年から2倍となっており、成長している。政府では2025年に40%の比率を目指しており、2022年のデジタル庁の会議では“2030年には100%ゼロキャッシュを目指すべき”とされており、楽天ペイメントでもさまざまな手段や方法でユーザーにキャッシュレスを提供していきたいとした。

楽天ペイメント 楽天ペイ事業本部 マーケティング&編成部 ユーザーマーケティンググループ マネージャー 奥村祥語氏

現在、国内のキャッシュレスでは「楽天ペイアプリ」でも提供するコード決済(QR/バーコード決済)の伸長率が高いが、クレジットカードも伸びており、32.5%のうち27.7%と全体高い比率となっている。

楽天ペイメントでは、主要コード決済アプリで国内初めて、楽天ペイアプリで「楽天カードタッチ決済」が利用可能となった。タッチ決済は、TypeA/Bをベースとしたサービスだ。国内ではこれまでFeliCaをベースとした非接触決済が「楽天Edy」や「Suica」などで用いられていたが、TypeA/Bは世界標準の支払いとして、広がっている。

国内でのタッチ決済は成長途上だが、例えばVisaの資料によると、2021年から2022年の第一四半期を比較すると公共交通機関では38.1倍、家電量販店は20.3倍となるなど、大幅に利用が伸びている。また、全世界のVisa対面決済におけるタッチ決済比率は50%まで広がっているとした。

質疑応答に回答した楽天ペイメント 楽天ペイ事業本部マーケティング&編成部ユーザーサービス企画グループマネージャー藤江桃子氏。1つのアプリでさまざまな認証方法に対応できる点が強みだとした

多様な認証方法を用意

現在、楽天グループでは、フィンテック領域の売上がグループ収益の32%を占めている。楽天グループでは、楽天ペイメントが提供するスマートフォン決済、電子マネー、ポイントカードに加え、暗号資産取引所、クレジットカード、銀行といったさまざまなキャッシュレスサービスを展開している。

楽天ペイメントでは、「原資レイヤー」「ID・IFレイヤー」「プロトコルレイヤー」の3層レイヤーの戦略を取っている。原資レイヤーは、クレジット、ポイント、銀行といった支払い原資を多様に拡充している。ID・IFレイヤーは楽天IDによって楽天会員基盤に集約している。プロトコルレイヤーは、認証方法となり、バーコード決済、QRコード決済、FeliCa決済に加え、NFCタッチ決済を認証方法に追加しした。

現在、楽天ペイアプリでは、①チャージする、②支払う、③送る、④貯める、⑤運用する、⑥チャージして電車に乗るなど、オールインワンのサービスを提供している。例えば、楽天キャッシュでは、暗号資産や楽天カードからチャージして、全国500万箇所以上のリアル店舗で使用可能だ。また、海外旅行から帰った際は、余った外貨をポケットチェンジから楽天Edyに交換して、街のお店で利用することもできる。

楽天ペイアプリは2016年に誕生したが、当時のQR/バーコード決済から、2019年に楽天ポイントや楽天Edy決済、2020年にSuica、2021年に楽天銀行口座払い、2022年にタッチ決済と機能を拡充してきた。

10月から対応したタッチ決済の対象カードは楽天カードのVisaとMastercardとなっている。今回のタッチ決済への対応により、世界中で楽天ポイントを貯めることが可能だ。

同社では楽天カードを利用したタッチ決済のメリットとして、アプリの立ち上げが不要、チャージ不要、サインや暗証番号が不要な点を挙げた。利用者はAndroidスマートフォンに楽天カード(Visa/Mastercard)を登録し、楽天ペイアプリから楽天カードタッチ決済を設定して利用可能だ。

コード決済の利用もアップ、シンガポールで使った感想

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP