Tポイントデータをもとに長崎地域創生に向けた産学連携授業(長崎大学/CCCマーケティング総研/長崎市/エヌタス)

2023年1月10日17:15

国立大学法人 長崎大学情報データ科学部は、CCCMKホールディングスグループのCCCマーケティング総合研究所(CCCマーケティング総研)、長崎市、および電子マネーカード及びICカード乗車券の企画、プロモーション、発行に関する事業を行うエヌタス(長崎県長崎市)と協同して、Tポイントのデータを基に長崎の地域創生をテーマにした産学連携授業を実施した。

Tポイントのデータを基に長崎大学の学生が「長崎市に住み続けたい」と思える施設を企画提案(長崎大学/CCCマーケティング総研/長崎市/エヌタス)

今回の産学連携授業は、長崎大学 情報データ科学部にてデータマイニング・観光政策・観光ビッグデータを専門分野とする一藤裕准教授の講義「社会・観光情報学I」を受講する43名の学生がTポイントのデータを活用して、『Z世代が「長崎市に住み続けたい」と思える施設を企画提案』するもの。統計加工化したTポイントの購買データに加え、長崎バスやタクシーなどで使える地域ICカード「エヌタスTカード」の乗降に関わる統計加工データを基に、3回にわたるグループワークを実施。 2022年12月16日に企画プレゼンテーションが行われ、CCCMKホールディングス、長崎市およびエヌタスの担当者も参加し、長崎市の抱える課題や取り組みについての講義、企画提案へのコメントなども交えながら授業を実施した。企画プレゼンテーションでは、長崎に住む学生ならではのユニークな視点による8つの提案があったそうだ。

長崎大学、CCCマーケティング総研、長崎市およびエヌタスは、今回の産学連携授業から得た成果を、さらなる長崎地域創生につながる取り組みへと発展させていくことを検討しているという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP