モロッコのS2M、最新のデジタルペイメントソリューションを提供

2023年1月26日9:00

モロッコのS2M はデジタルペイメントシステムを提供するグローバル企業だ。同社ではセキュアな決済ソリューションを世界中に提供している。例えば、トークナイゼーション(Tokenization)やBNPL(後払い、Buy Now, Pay Later)、インスタントペイメント(Instant Payments)、モバイルでセキュアな支払いができるモバイルペイメント、SoftPOS(ソフトPOS)など、最新の技術やトレンドに対応したサービスを銀行などの顧客に提供しているそうだ。

S2M マーケティング&ニュービジネス・モデルズ・ディレクター Youssef Berrada Badaoui氏

アフリカ、中東、アジア、オセアニア等で展開
トークン化、BNPLなど、最新技術を提供

S2Mは、デジタルペイメントで40年以上の実績があり、世界30カ国の支店がある。また、120の取引先があるという。メインの顧客は銀行となる。同社のソリューションは、アフリカ、中東、アジア、オセアニアなどで提供されている。

S2M マーケティング&ニュービジネス・モデルズ・ディレクター Youssef Berrada Badaoui氏は「我々は世界で最新のデジタルペイメントソリューションを提供しています」と説明する。例えば、例えば、カード番号をトークン化する「トークナイゼーション」、後払いの「BNPL」、スマートフォンなどでセキュアな支払いが可能な「モバイルペイメント」、リアルタイム少額決済となる「インスタントペイメント」などだ。

例えば、トークナイゼーションは世界的なデジタルセキュリティベンダーと同様の機能を地峡している。顧客がモバイル決済を開始すると、機密データがトークン・サービス・プロバイダー (TSP)に送信され、TSPがクレジットカード番号等を、アルゴリズムによってランダムに生成されたトークン番号に置き換える。 S2M は、送信側部分を管理する TSP との通信インターフェースを提供している。同サービスは、オーストラリア、ニュージーランド、ヨルダンなどで実装されていると発表されている。

humm groupにBNPLソリューション提供
欧州や米国市場でサービス拡大目指す

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP