アジアを第二のマザーマーケットと捉え、高い成長を取り込むMUFGグループ

2024年2月6日8:55

MUFGグループは2023年11月15日~17日まで開催された「Singapore Fintech Festival(シンガポール フィンテック フェスティバル)2023」に出展し、インベストメントにフォーカスした展示を行った。ブースでは、過去10年の東南アジアを中心とした活動について紹介している。MUFGグループは、東南アジア等において、出資や協業を通じて金融・デジタルプラットフォーマーの地位確立を目指している。これまで、アジアを第二のマザーマーケットと捉え、積極的な投資を行ってきたそうだ。

東南アジア4つの商業銀行に出資
ユニコーン企業への出資も

MUFGグループは、東南アジアにおいて、2012年のヴィエティンバンク(ベトナム)を皮切りに、2013年にクルンシィ(アユタヤ銀行/タイ)、2016年にセキュリティバンク(フィリピン)、2019年にバンクダナモン(インドネシア)という4つの商業銀行に出資している。

最近はFinTech(フィンテック)の新しい事業機会の創出を踏まえ、2020年頃からユニコーン企業に投資している。例えば、2020年に東南アジアでスーパーアプリ事業者を展開するGrabに700ミリオンドルを出資し、資本提携した。2022年にはHome Creditの子会社である HC Consumer Finance Philippines(HCフィリピン)の全株式とPT Home Credit Indonesia(HCインドネシア)の株式85%を取得した。また、Silvrr Technology(Akulaku)へ2 億米ドル出資し、Akulakuと出資関連契約を締結している。2023年にはDMI Finance Private Limited(DMI Finance)へ19,135百万インドルピーを出資している。

東南アジアに加え、インドでの展開も強化
FC戦略、デジタル戦略の金額や規模は大きく

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

シームレスなBtoB決済を実現!インフキュリオンの請求書支払いプラットフォーム(インフキュリオン)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP