NFCの通信機能をスマホ等のモバイルデバイスに実装する方法は?

2014年8月6日8:57

モバイルペイメントには「リモート型」と「近接型」があるが、NFC(Near Field Communication)は近接型のモバイルペイメントソリューションとなる。NFCは、“ISO/IEC14443タイプA/B”、FeliCaの上位規格に位置付けられており、こうした従来の通信仕様にもNFCは対応できる。NFC対応のPOSカード決済端末機のカードリーダにNFCチップを搭載したモバイルフォンやスマートフォンなどのモバイルデバイスやコンタクトレスICカードなどを10センチメートル以内に近付けることで双方のデバイスを認識可能だ。

mobilepayment1
専用のSIMカード“NFC/SIM”をスマートフォンに実装したイメージ

また、NFCでモバイルデバイスに接続した後からIrDA(赤外線通信)やBluetooth、WiFi、無線LANなど、他の高速通信方式との対応も行なえる。

NFCの通信機能などをスマートフォンなどのモバイルデバイスに実装する方法は、これまで“アンテナ”のほか、無線通信をコントロールする“RF(Radio Frequency)チップ”とNFCアプリや暗号化に必要な機密情報を格納する“SE(Secure Element)チップ”の3つが必要であるといわれていた。その実装方法は、下記の方法がある。

〇“RFチップ”をモバイルデバイスに内蔵するケース
A、「SIMカード方式」
“SEチップ”を通常のSIMカードと異なった専用のSIMカード“NFC/SIM”に実装する
B、「マイクロSD方式」
“SEチップ”を内蔵したマイクロSDをモバイルデバイスに装着する
C、「チップ内蔵方式」
“SEチップ”もモバイルデバイスに内蔵する
〇“RFチップ”をモバイルデバイスに内蔵しないケース
D、「コンボSIMカード方式」
“RFチップ”と“SEチップ”を共にSIMカード上に実装したコンボSIMカードをモバイルデバイスに装着する
E、「マイクロSD/NFC方式」
“RFチップ”と“SEチップ”を共にマイクロSD上に実装したマイクロSDをモバイルデバイスに装着する
〇その他
HCE(Host based Card Emulation)による方式

こうした“SEチップ”をどこに置くかが、モバイルフォンキャリアとカード会社や金融機関などとの綱引きとなっている。AのSIMカード方式やDのコンボSIMカード方式のように“SEチップ”をSIMカードに置く方法が採用されれば、モバイルフォンキャリアがNFCのアプリケーションにおけるイニシアティブが高まる。一方、“SEチップ”をSIM以外のマイクロSDに置くBのマイクロSD方式やEのマイクロSD/NFC方式が採用されると、モバイルフォンキャリアの影響を排して、金融機関などがNFCプロジェクトを主導できる。GSM方式のモバイルフォンキャリアの業界団体であるGSMAはSIMカード方式を押していた。

HCEを活用したサービスをリリースしたBBVA(出典:BBVAのWebサイト)
HCEを活用したサービスをリリースしたBBVA(出典:BBVAのWebサイト)

そして、現在注目を集めるのがHCE(Host based Card Emulation)方式だ。これは、2013年10月にモバイルデバイスのOSであるAndroidの開発を行っているGoogleが開発したSE(Secure Element)無しにNFCカードエミュレーション機能の提供が可能な方式となっている。

HCEにより、“SEチップ”をモバイルデバイスの本体やSIMカード、マイクロSDのうちどこに置くかといったモバイルフォンキャリアとカード会社や金融機関などとの綱引きも不要となる可能性がある。これにより、NFCを活用したモバイルサービスの普及につながると期待され、世界各国でプロジェクトが進んでいる。

すでにスペインやオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、米国等でHCEを活用したプロジェクトが進行。例えば、スペインの金融機関Banco Bilbao Vizcaya Argentaria(BBVA)ではHCEを活用したサービスを発表したが、クラウドの基盤を活用し、米国、メキシコ、チリでの展開を行う予定だ。また、Visa payWaveのクラウドサービス開発を支援した米国のSimply Tapp CEO Doug Yeager氏が、「NFCだけではなくBluetoothなども含めた基盤に成長させたい」と話すように、クラウドで管理することによる拡張性も期待できる。

「モバイルペイメント要覧」では、NFCやQRコードなどの2次元バーコードを用いた近接型のモバイルペイメントソリューション、PayPal BeconやiBeaconなどの近距離型のモバイルペイメントソリューションについて紹介している。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)
【7/8(水)無料開催】セキュリティ対策Webセミナー「ニューノーマルにおけるサービス・業務の非対面化 ~顧客を守る・会社を守るセキュリティの要点~」(セイコーソリューションズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP