欧米ではティーンエイジャーにも広がるプリペイドカード

2015年2月12日8:31

欧米ではティーンエイジャーにも広がるプリペイドカード
リアルでもネットでもクレジットカード同様に利用可能

欧米では、VisaやMasterCard、American Expressといった国際ブランドが搭載されたプリペイドカードを、クレジットカードやデビットカードの代替としてヤング層に持ってもらうマーケティングが欧米では盛んに行われている。リアルはもちろんネットでもクレジットカード同様に利用可能だ。

10代のヤング層にとってオンライン決済が身近に
非接触電子マネーはネットでの利用で苦戦

インターネットやスマートフォンの普及に伴い、音楽やデジタルブックなどの各種ダウンロードやオンラインゲーム、ネット通販といったeコマースやMコマースが拡大する中、10代のヤング層にとってオンライン決済が身近になっている。

また、ファーストフードやコンビニエンスストアなどのリアルの店舗や各種自販機などでのキャッシュレス化が進んでいる。日本では、IC乗車券の交通系電子マネー、「nanaco」や「WAON」、「楽天Edy」といったプリペイドの非接触IC電子マネーを10代のヤング層がリアル店舗で普通に使っている。ただ、ネット決済については、リーダライタを用意しなければならないなど課題は山積みで、利用は苦戦している。

侮ることができないヤング層の購買力
ヨーロッパの先進12か国の市場規模は32億ドルに

10代のヤング層はオンライン決済を行うためにクレジットカードや銀行口座を持つことは未だハードルが高く、国ごとに対象年齢は異なるものの未成年者が負債を負うクレジットカードの発行の発行は特に難しい。

「アメリカン・エキスプレスPASSカード」は、VisaのBUXXカードと同様に親を通じて13歳以上の子供に発行が可能
「アメリカン・エキスプレスPASSカード」は、VisaのBUXXカードと同様に親を通じて13歳以上の子供に発行が可能(出典:American ExpressのWebサイト)

ヤング層の購買力は先進国ほど侮ることはできず、ヤング層を対象にしたオープンループのオンラインプリペイドカードへの期待は大きく、MasterCardによると、2017年度のヨーロッパのイギリス、ドイツ、フランス、イタリアなど先進12カ国におけるマーケット規模の予想は、32億ドル(約3,200億円)に達するものと見込んでいる。国別では、イギリス、フランスがそれぞれ6億ドル(約600億円)、ドイツが5億ドル(500億円)、クレジットカードやデビットカードに比べてプリペイドカードが盛んなイタリアが4億ドル(約400億円)と見込まれている。

オープンループのオンラインプリペイドカードのヤング層のマーケットは、オープンループのオンラインプリペイドカードを独自に持つことができる16歳以上21歳までのヤング層のみならず、10歳以上21歳までの子供を持つ親も対象であるといわれている。

世界のプリペイドカード市場要覧」では、ヤング層を対象にしたオープンループのオンラインプリペイドカードの「VISAのBUXXカード」やAmerican Expressの「PASSカード」、「キャンパスエディションプリペイドカード」、Spend Smartの「“bill my parents”マスターカード」など、いくつかのイギリスのティーンエイジャーカードを紹介してみたい。クレジットカード同様にリアルでもネットでも利用できるプリペイドカードは、国内のティーンエイジャーにも広がる可能性がありそうだ。

 

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP