2015年12月24日8:00

マルチアプリケーション(Multi-Application)のスマートカード用(ICカード)・プラットフォームのOSである「MULTOS(マルトス)」は、45カ国800万の機関から対応カードが発行されている。MULTOSは、高度なセキュリティを売りとしており、相互運用可能なプラットフォームとなっているため、政府や企業のIDカード、銀行のクレジットカードやキャッシュカード、交通機関のIC乗車券などで利用されている。「MULTOS協議会」には、世界的な企業が名を連ねており、日本からも日立製作所、大日本印刷が参加している。

日本の全銀協をはじめ世界中でMULTOSアプリケーションを採用
北米や中南米での採用が伸びる

「MULTOS」の技術は、Interac(カナダ)、SPAN(サウジアラビア)、全日本銀行協会(日本)、K-CashやTマネー(韓国)、FISC(台湾)、モネオ(フランス)、Banricompras(ブラジル)など、世界中で採用されている。

MULTOSには、主に2つ活動があり、「MULTOS協議会」では、テクノロジ、コマーシャル、マーケティングを担当しており、MasterCard、銀聯、ジェムアルト、大日本印刷、日立製作所など、参加する企業の特性に合わせてシステムを提供している。

また、「MULTOS International」では、金融機関や企業、政府、交通機関等の発行会社に対して、安全性の高いMULTOS製品の提供を行っている。MULTOSでは、クラスによりパートナーシップを結んでいる形態が異なり、たとえば日立製作所とは技術的に協業しているが、競合している部分もある。

右からMULTOS International Managing DirectorのRichard Cusson氏、MULTOS International マーケティング Vice PresidentのGraeme Bradford氏
右からMULTOS International Managing DirectorのRichard Cusson氏、MULTOS International マーケティング Vice PresidentのGraeme Bradford氏

MULTOSの技術は、近年では北米やラテンアメリカ(中南米)での採用が伸びているそうだ。同市場では、EMVやモバイル等への対応が評価されている。日本については、提携する企業を通して販売。MULTOSは、マルチアプリケーションを同時に搭載することができ、カード発行後に追加できるメリットがある。また、40社の技術が採用されているメインストリームとなっているため、導入企業からの信頼も厚いという。

MULTOSのコストは高い?
MULTOS International ではNFCのmicroSDカードを販売

OS「MULTOS(マルトス)」を搭載した製品。大日本印刷でもMULTOSを搭載したmicroSDカードを提供(右下)。その上がMULTOS InternationalのmicroSDカード
OS「MULTOS(マルトス)」を搭載した製品。大日本印刷でもMULTOSを搭載したmicroSDカードを提供(右下)。その上がMULTOS InternationalのNFC対応microSDカード

高セキュリティを売りにしているため、MULTOSはコストが高いという指摘もあるが、「決して価格では劣っていないと考えています。例えば携帯でいえば、AndroidとiOSが競っていますが、MULTOSとJavaカードが競合と考えれば、決して高いわけではありません。お互い得意とする分野が異なり、Javaカードはモバイルのセキュリティ、MULTOSはスマートカードのセキュリティを強みとしています」とMULTOS International Managing DirectorのRichard Cusson氏は話す。

「CARTES SECURE CONNEXIONS 2015」では、MULTOS International製の microSDカードを挿入したNFCスマートフォンによるNFCモバイルペイメントのデモを実施。MULTOS Internationalでは、同商品をすでに市場に投入できる状態であるという。

microSDカードを搭載したNFCモバイルペイメントのデモ
microSDカードを搭載したNFCモバイルペイメントのデモ

MULTOS International マーケティング Vice PresidentのGraeme Bradford氏は、「MULTOS Internationalでは、米国と中南米の成長により、2015年はMULTOS製品の売り上げが非常に伸びましたが、2016年以降もさらに高めていきたいですね」と意気込みを語った。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP