グローバルプロセッシング・サービスとは?

2016年11月9日7:00

世界中で約1,000のペイメントサービスプロバイダーが展開

「世界の決済・ 送金サービスのイノベーション」では、グローバルベースでペイメントサービス・プロバイダー業務を展開する“グローバルプロセッシング・サービス”(Global Processing Service)とオンラインペイメント・サービスプロバイダーについて、その動向を紹介している。

クレジットカードなどのペイメントカードビジネスにおけるプロセッシングサービスとは、イシュアであるペイメントカード発行金融機関のカード発行処理やカード売上・請求・回収処理などのカード発行業務処理の一部または全部を代行する「カードプロセッシング・サービス」とカード加盟店とのオーソリゼーションや売上・精算などのアクワイアラの業務処理の一部または全部を代行する「マーチャントプロセッシング・サービス」に分けられる。

アクワイアラの業務に関してはその業務処理の一部または全部を代行するマーチャントプロセッシング・サービスとは別に、アクワイアラの“代理店業務”としての決済代行サービスを行うペイメントサービスプロバイダーが存在する。こうしたペイメントサービスプロバイダーは、アメリカではMSP (Merchant Service Provider)やISO(Independent Sales Organizer)と呼ばれている。

アメリカやヨーロッパのクレジットカードビジネスは、銀行など金融機関がカード発行業務やカード加盟店業務のすべてを手掛けることによりスタートしている。カード業務の多様性や複雑性などから銀行がインハウス(自行内)で処理するにはコスト的にも無理があり、その一部または全部を専門の業務処理を請負う事業会社にアウトソーシングするようになっていった。プロセッシングサービスの最大手の1つであるアメリカベースのTSYSは、アメリカの地方銀行のカード処理部門が独立して、巨大なプロセッシングサービス会社に成長したものだ。

アメリカではすでに1990年代にMSPやISOと呼ばれるペイメントサービスプロバイダーが登場し、事業を拡大していたが、アメリカ以外の国では、インターネットによるEコマースにおけるカード決済が増加し始めた2000年代にペイメントゲートウェイサービスなどを行うペイペイメントサービスプロバイダーが登場するようになり、スマートフォーンによるモバイルコマースによるオンラインペイメントが増加するようになった2010年代になるとペイメントサービスプロバイダーがさらに事業を拡大していった。

日本では不正検知ソリューションを中心に行うCyber Sourceは、世界190カ国以上で“グローバプロセッシングサービス”を提供
日本では不正検知ソリューションを中心に行うCyber Sourceは、世界190カ国以上で“グローバプロセッシングサービス”を提供

もともとカードビジネスはドメスティックな事業で、VisaやMastercardなどの国際カードネットワークを通じてそれぞれの国のカードの国際化が図られてきた。ペイメントカードにはVisaやMastercard以外に特定の国や地域のみで流通しているアメリカのDiscoverなどのクレジットカードやヨーロッパのV-Payなどのデビットカード、同じくヨーロッパのPay Safe Cardなどのプリペイドカードがある。PayPalやAlipay(支付宝)のような電子財布によるオンラインペイメント・ソリューション、ヨーロッパのiDEALやGiro Payなどのオンラインバンキングによるオンラインペイメントもある。

航空会社やホテルチェーン、eコマース事業者などボーダレスで事業展開を図る企業やグローバルベースで事業を展開する企業に対して統合されたペイメントサービスを提供する“グローバルプロセッシング・サービス”(Global Processing Service)を行うプロバイダーが2000年代に登場し、2010年代になってその事業を拡大している。

“グローバルプロセッシング・サービス”には、ACIやAdyenなどのように北米、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア・パシフィックと世界中をカバーしているプロバイダーと、ACAPTUREなどのように北米、ヨーロッパ、アジアなど一部エリアをカバーしているプロバイダーがある。こうしたプロバイダーの多くは、国境を超えた決済、通貨が異なる支払いで先行してきた北米またはヨーロッパに本社を置いている。

また、アジアでも香港ベースのAsia Payのように、アジアエリアでボーダレスなペイメントサービスプロバイダー・ビジネスを展開する事業者もある。

こうしたペイメントサービスプロバイダーは、世界中でおよそ1,000あるといわれている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP