カスタマー・ロイヤリティカードにICカードを最初に導入した企業、マルチポイント・プログラムの起源は?

2017年9月21日8:00

カスタマー・ロイヤリティ(Customer Loyalty)とは、“顧客から御愛顧を得ること”を意味する。カスタマー・ロイヤリティ・プログラムは、自店での購入金額などに応じて特典ポイントなどのインセンティブを顧客に提供し、顧客が獲得したポイント数に応じて各種報酬(Rewards)を与えたり、エリートプログラムなどで顧客の貢献度に応じて各種メンバーシップ・サービスを提供したり、報酬をアップしたりすることで、顧客のさらなる御愛顧を勝ち得るマーケティングプログラムである。こうしたカスタマー・ロイヤリティ・プログラムは、顧客の固定化、囲い込みを図ることにより、利益の増加を図るものである。

アメリカでは「クラブカード」という名称が用いられる

カスタマー・ロイヤリティ・プログラムでは、「ロイヤリティカード」、「リワードカード」、「ポイントカード」、「アドバンテージカード」、「クラブカード」などと呼ばれるIDカードをプログラムに参加した顧客に交付している。

特に、アメリカでは「クラブカード」という名称が多く用いられている。こうしたカスタマー・ロイヤリティ・プログラムのIDカードには、バーコードを付したカードや磁気カード、コンタクトICカード、コンタクトレスICカード(RFID)などが用いられている。近年、スマートフォンなどのモバイルデバイスにモバイル財布アプリをインストールし、ロイヤリティカード機能をモバイルデバイスに搭載し、カードの代替を図るケースも増えている。ちなみに、カスタマー・ロイヤリティカードにICカードを最初に導入したのはシンガポールの髙島屋と言われている。

また、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムはクレジットカード、デビットカード、IC電子マネー、オンラインプリペイドカードなどの各種ペイメントカードやオンラインペイメントシステム、モバイルペイメント・システムとの相性が良い。

カスタマー・ロイヤリティ・プログラムを成功させるには、如何に上手くポイントプログラムをペイメントカードやオンラインペイメント、モバイルペイメント・システムとリンクさせ、統合することができるかが重要だ。また、クレジットカードやデビットカード、IC電子マネー、オンラインプリペイドカードの機能は、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムと同様に、モバイル財布アプリを通じてスマートフォンなどのモバイルデバイスに搭載されるようになっている。

モバイル財布アプリによって、カスタマー・ロイヤリティ・プログラムとNFCやQRコードなどによるPOSベースの近接型のモバイルペイメントやMコマースにおける遠隔型のオンラインのペイメントとの統合がなされた新しいプラットフォームが次々に生まれている。

マルチポイント・プログラムの起源はS&H社のグリーンスタンプ

「マルチポイント」とか「共通ポイント」と呼ばれているマルチ・カスタマー・ロイヤリティ・プログラムの“連合ロイヤリティ・プログラム”(Coalitional Loyalty Program)が、先進国のみならず新興国でも注目されている。

マルチポイント・プログラムの起源は、1930年代にアメリカで始まったS&H(Sperry & Hutchinson)社のグリーンスタンプと言われている。グリーンスタンプを始めたバージニア州のS&H社(創業:1896年)は、地域の食品店や小売店、給油所にグリーンスタンプを売り、小売事業者は商品を購入してくれた消費者にボーナスとして購入金額などに応じてグリーンスタンプを提供した。消費者は、インセンティブとして提供されたグリーンスタンプを24ページ立ての“コレクターブック”というグリーンスタンプ専用の張り込み帳に貼り付けた。“コレクターブック”1冊につき、1,200ポイント相当のグリーンスタンプを集めることができた。グリーンスタンプを貼付した張り込み帳の数量に応じて、グリーンスタンプの特典カタログに掲載された各種日用品やギフト商品、特典(報酬)が提供された。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP