2017年10月19日8:20

使いやすいポイント化の流れは、独自ポイントにも求められるようになるだろう。ただし、独自ポイントの場合は、交換できる商品やサービスを大幅に増やすことは難しい。そこで、一気に交換できる商品を増やす方法に、ポイント交換という方法が存在する。

クレジットカード会社のポイントも使いにくいポイントとなる。ある程度のポイント数が貯まらなければ交換できず、交換先としてはカタログ商品やギフト券への交換が主流だった。しかし、近年追加されているのがAmazonギフト券やiTunesギフトコードへのポイント交換だ。Amazonギフト券やiTunesギフトコードに交換すると、Amazon.co.jpでの買い物や、iTunesで音楽の購入等に利用することができ、一気にポイントの利用先を増やすことができる。

ただし、ポイント交換を1社ずつ提携するのは大変だ。提携の都度、交換先企業の仕様に合わせてポイント交換のシステムを作り込む必要がある。そこで、登場するのがポイント交換サイトとなる。ポイント交換サイトへの交換を1度追加するだけで、マイレージ、電子マネーのポイント、共通ポイント、銀行への出金などに交換先を広げることが可能だ。

ポイント交換サイトは古くから存在し、2001年からGポイントやネットマイルが、2005年に携帯電話でのポイント交換サイトであるポイントオンが開始した。2007年にサイバーエージェントがPeX(現在はVOYAGE GROUPによる運営)を開始し、2015年4月にはサイバーエージェントがドットマネーを開始した。サイバーエージェントが使いやすいポイント化の流れを受けてドットマネーを開始したのかは不明だが、ドットマネーは交換元が30、交換先が20と順調に増えているようだ。

もうひとつポイントを使いやすくする方法として、auがWALLETポイントに切り替えた時に開始したau WALLETプリペイドカードのような国際ブランド付きのプリペイドカードの発行がある。プリペイドカード発行を行っているポイントサイトも増えている。まずは、ポイントサイトの仕組みから紹介しよう。

サイトを経由してショッピングしたり、資料請求などでポイントを獲得できるサイトはポイントサイトと呼ばれている。ショッピングや資料請求のほか、掲載されている広告をクリックしたり、ゲームに参加したり、友達を紹介するなどでもポイントを獲得できる。

これらのポイントサイトは2004年ごろから急速に増え出した。2004年には「ECナビ」「ちょびリッチ」、2005年には「モッピー」「げん玉」「ポイントメール(現ポイントタウン)」、2006年には「ポイントインカム」、2007年には「ドル箱(現ハピタス)」が開始するなど、大小さまざまなポイントモールが誕生した。

これらのポイントの原資は、成果報酬型の広告費で賄われている。利用者がポイントサイトを経由してショッピングすると、ECサイトからポイントサイトに紹介料が支払われる仕組みとなる。この紹介料の一部を利用者に還元しているにすぎない。そのため、参入障壁が低く、ポイントサイトが爆発的に普及したのだ。

(レポート「ポイントカード・ロイヤリティマーケティング市場要覧」より)

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP