スマートデバイス等のソフトウエア式PIN入力のセキュリティ要件を公開(PCI SSC)

2018年1月30日13:25

PCIセキュリティスタンダードカウンシル(PCI SSC)は、2018年1月29日、スマートフォンやタブレットなどの市販デバイス(COTS)でのソフトウェアベース暗証番号(PIN)入力用の新たなPCIセキュリティ基準を発表した。PCIソフトウェアベース暗証番号入力(COTS)基準(SPoC基準)は、暗証番号用セキュアカードリーダ(SCRP)と共にセキュアな暗証番号入力アプリケーションを使用して、市販デバイス上の暗証番号入力によるEMV接触・非接触トランザクションを可能にするセキュアなソリューションを開発するための要求事項を規定している。

同基準により、PCI SSCは、モバイルのタッチスクリーン上に直接暗証番号を入力するためのセキュリティ要件を規定する。つまり、小売企業はモバイルデバイス、それに接続した小型のカードリーダー、セキュアな暗証番号入力アプリケーションだけで支払いを受理できる。

同基準のセキュリティ要件とテスト要件に含まれる主要なセキュリティ原則として、①電話もしくはタブレット内の決済環境に対する潜在的な脅威を抑制するためにサービスを積極的に監視、②暗証番号を他のアカウント・データから隔離、③COTSデバイス上の暗証番号入力アプリケーションでソフトウエアのセキュリティと完全性を確保、④PCIが承認した暗証番号セキュアカードリーダー(SCRP)を使用して暗証番号とアカウント・データを保護、といった点が挙げられる。

COTS上ソフトウェアベース暗証番号入力のテスト要件は、ラボが基準に照らしてソリューションを評価できるようにテストプロセスの概要を示している。これらは翌月に公開され、その後、PCIが検証したソリューションを小売企業が利用できるようにPCI SSCウェブサイトでリストアップするサポートプログラムも開始するという。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP