カード利用は拡大、消費者はメインカードに一本化する傾向に(Visa)

2010年10月14日11:00

ビザ・ワールドワイド(Visa)は10月12日、日本人のペイメントカードの利用実態、利用意識に関する消費者調査の結果を発表した。同調査は2年に一度実施しており、4月に国内の7都市圏の18歳から65歳までの男女1,000名を対象に行った。調査内容は、ペイメントカードの利用状況、支払習慣、消費動向などとなっている。  

同調査では、消費者の間でカードによる決済が拡大していることが明らかになったという。2008年には家計消費の決済を「主に現金で行っている」と答えた人が63%、「主にカードで行っている」と答えた人は37%であったが、今年には「現金」と答えた人が58%、「カード」と答えた人が42%となり、支払い手段にカードを利用する消費者が増加した。
 
また、クレジットカードの所有率は2008年の80%から若干増加し、82%となった。一方、カードの所有枚数は、前回調査時は一人あたり平均3.57枚だったが、2010年は平均2.98枚と減少している。しかしメインのカードの使用頻度は上昇し、2010年は平均5.4回/月(2008年平均4.6回/月)となった。
 
現金とカード双方での決済が可能な場面で、カード決済を選択するときの主な要因を調査した質問では、「カード決済により適用される加盟店での割引」が62%、「カード決済により得られるポイントや特典」が58%となった。

同調査では、どのような場面・サービスでカード決済の利用意向が高いのかも調べている。利用意向の高さは、場面ごとに「現在カードで決済をしている」と答えた人の割合と、「利用が可能な場合、カードで決済したい」と答えた人の割合の差で測定した。その結果、利用意向がもっとも高かったのは「病院」(+35ポイント)だった。次いで「診療所・クリニック」(+34ポイント)、「保険料支払」(+29ポイント)、「ファストフード」(+25ポイント)、「所得税」(+25ポイント)となっている。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

PayBやWeChatPay/Alipay/ PayPay等のスマートフォン決済、ミニプログラム、 越境EC、リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP