SBIHDとZHDが業務提携 証券事業、FX事業、銀行事業で連携

2019年10月10日8:22

SBIホールディングス(SBIHD)とZホールディングス(ZHD)は、傘下のグループ会社間において、証券事業、FX事業、銀行事業で業務提携を行うと発表した。

左からZホールディングス 執行役員 金融事業管掌 谷田智昭氏、Zホールディングス 代表取締役社長 川邊 健太郎氏、SBIホールディングス株式会社 代表取締役副社長/株式会社SBI証券 代表取締役社長 髙村正人氏、SBIリクイディティ・マーケット 代表取締役社長 尾崎 文紀氏

ZHDにとってFintechは重要なテーマ

10月1日からヤフーはZHDに改称した。今回、SBIHDとの提携に至った経緯について、まずZホールディングス 代表取締役社長 川邊 健太郎氏が説明した。20年前の1990年代のインターネットはごく一部の人が使うサービスだったが、今や電気や水道と並ぶ生活インフラとなった。川邊氏は、「今後もインターネットは今後進化を続け、世の中を大きく変革させます。その中で新潮流になるのはFinTech、すなわち金融とインターネットの融合です。金融は、メディア、コマース、データに並ぶ、今後のZHDに並ぶ重要なテーマです」と話す。

同社では、金融持ち株中間会社であるZフィナンシャルを設立し、インターネット発の金融事業に取り組んでいる。主要な金融サービスとして、月間ユーザー数1,500万人のYahoo!ファイナンス、外国為替月間取扱高32.9兆円のワイジェイFX(YJFX)、口座数417万人のジャパンネット銀行を有している。今回、SBIHDと力を合わせてよりよい金融体験を提供していきたいとした。

SBIHDはビックデータ、AI、ブロックチェーンの取り込み強化

一方、SBIグループは、1999年創業以来、証券、銀行、保険といった分野で飛躍的な成長を遂げてきた。現在、ネット証券の口座数480万、委託個人売買代金シェアでナンバー1となっている。口座数については年率10%近い伸び数を維持し、トップの企業を追い抜く勢いだ。また、収益力の指標においても証券で業界2位となっている。銀行業は住信SBIネット銀行が開業12年となっており、後発だが、SBI証券とのシナジーを生かすハイブリッド預金をてこに開業4年ほどで預金残高1位、住宅ローン取扱高5.1兆円を突破している。主要FX企業4社における口座数(125万)、預かり残高とも1位となるそうだ。

「さらなる飛躍に向けて、業界を席巻するであろう、ビックデータ、AI、ブロックチェーンを取り込むことで、これまで以上にお客様に満足いただけるサービスを作り上げ、先端技術、ビッグデータを保有する企業とのアライアンスを強化し、相互シナジーを醸成することで、さらなる企業を果たしてまいりたいです」(SBIホールディングス株式会社 代表取締役副社長/株式会社SBI証券 代表取締役社長 髙村正人氏)

Yahoo! JAPAN IDによるシングル・サインオンの実現へ

提携内容については、Zホールディングス 執行役員 金融事業管掌 谷田智昭氏が紹介した。両社ではまず、証券、FX、銀行事業で提携する。今回の提携として、SBI証券とZHD子会社のヤフーは、シングルサインオンなどを活用し、Yahoo!ファイナンスのアプリやWebサイトにおける証券口座開設、取引機能の連携の実現に向けて具体的な方策を検討する。口座開設は2019年度中の連携強化、売買取引連携は2020年秋ごろの提供開始を予定する。加えて、Yahoo!ファイナンスのポートフォリオ機能を活用し利便性を向上するさまざまな機能の提供を検討する。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP