イタリア・ミラノで「Il Salone dei Payamenti」開催、キャッシュレス化、デジタル化推進に向けて主要プレイヤーが集結

2019年11月11日8:00

ABIServiziが主催した決済とイノベーションに関するイベント「Il Salone dei Payamenti~payvolution~」が2019年11月6~8日までイタリア・ミラノの「MICO MILANO CONGRESSI」で開催された。

同イベントは、イノベーションとデジタル化をテーマにした オープンなイベントとなり、新サービスの発表を行う企業も目立った。また、決済関係者に加え、市民および学生など、セクターのすべての関係者を巻き込む目的もあり、会場には一般の人々も姿も見受けられた。

会場では、9つのテーマでさまざまなセッションを実施。また、国際ブランド、主要なイシュアやアクワイアラ、決済端末ベンダー、デジタルセキュリティベンダー、チップベンダー、コンサルティング会社などの大手企業がブースを構えた。さらに、新興企業やFinTech(フィンテック)企業の展示も行われた。

国際ブランドとして、Visa、Mastercard、American Express、Discoverがブースを出展。また、イタリアの126の銀行が参加し、普及率の高いデビットカードであるBANCOMAT (バンコマット)も展示した。

オリンピックの唯一の決済テクノロジースポンサーであるVisaのブースでは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が来年開催されることもあり、日本のUFOキャッチャーを来場者に体験してもらっていた。また、スノーボードの体験ゲームも行われた。

UFOキャッチャーには黒山の人だかりができていた
スノーボードを楽しむゲームも実施。リオデジャネイロでも使用されたという

Mastercardでは、決済テクノロージーにちなんださまざまな展示を実施。イタリアでもMastercardコンタクトレスの利用者は伸びているが、「SWATCH PAY」など、トークン化技術を採用したウェアラブル製品を紹介した。また、ブースにはイタリアサッカーの名選手であるFERRI(フェリー)とGALANTE(ガランテ)が登場し、インテルミラノ、CréditAgricole Italiaとのパートナーシップによる新プロダクトの提供を発表した。

MastercardはSWATCH PAYやGarmin Payなどのウェアラブルの支払いを紹介
インテルの名選手、FERRI(フェリー)とGALANTE(ガランテ)が登場

Intesa Sanpaolo、Unicredit、NEXI、SIAといったイタリアの大手決済事業者も出展。イタリアでは、キャッシュレス比率が25%余りと、フランスやイギリスといった欧州諸国に比べて低い数値となっているが、その分今後の伸びしろは大きい。近年では、Apple Pay、Samsung Pay、Google Payといったモバイルペイメントの利用が伸びている。

同展示会では、イタリア初となるハードウェアのないソリューション「Tap on Phone」をIntesa SanpaoloとMastercardが発表した。また、日本の郵便局に当たるPoste italianeでは、モバイルのQRコードを活用した決済サービス「Postepay」を発表している。

NEXIは、Apple Pay、Samsung Pay、Google Pay対応を紹介
欧州屈指のサービスプロバイダであるWorldlineも出展
Postepayはブースでサービスの概要を発表

決済端末では、Ingenico、PAX Technology、Castles Technologyといった日本でも馴染みのある企業が製品を展示。イタリアではAndroidベースの決済端末の導入が伸びており、中でもPAX Technologyが先行しているという。

イタリアにおいてAndroid端末の提供で先行するPAX Technology
インジェニコの「APOS A8」
日本ではQR決済端末として目にする機会も増えたSUNMIの端末。A-Tonoがデビットやクレジットカード決済を中心に提供している

Thales(Gemalto)、Giesecke+Devrient、IDEMIAといったデジタルセキュリティベンダーも出展し、指紋認証カード、メタルカードなどのプロダクトを紹介した。

Thalesの指紋認証カード
IDEMIAのメタルカード
Giesecke+Devrientは各種カードを紹介
チップベンダーのSTマイクロエレクトロニクスは、決済用システム・オン・チップ(SoC)「STPay」の次世代製品「STPay-Topazファミリ」を紹介。STの決済用SoCとして初めて40nm Flashメモリ技術を採用して製造

なお、ペイメントナビ編集部では、複数のブースで取材を行った。インタビューの模様は順次紹介する予定だ。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP