スマートストアを体験できる「リテールAIショーケース」を開設(トライアル/フクシマガリレイ)

2019年11月26日9:15

トライアルホールディングスと、フクシマガリレイ(旧:福島工業)は、「リテールAIショーケース」となる「MILABストア」(大阪市西淀川区)の完成披露発表会を 2019年11月22日に行った。同ストアでは、AIカメラ、デジタルサイネージ、電子棚札、デジタルカートを用いて、スマートストアを実際に体験可能だ。

左からフクシマガリレイ 専務取締役 福島豪氏、Retail AI 代表取締役社長 永田 洋幸氏

フクシマガリレイの新本社に検証施設「MILABストア」をオープン

フクシマガリレイは、冷凍冷蔵庫やショーケース、その他の製造、販売、メンテナンスを行っている。現在、全国のトライアル店舗で同社ショーケースが使われている。フクシマガリレイでは、2018年8月にトライアルとショーケースのAI化について取り組みを開始。同10月には、アイランドシティ店、12月にQuick大野城店にスマートカメラ搭載のケースを納品している。2019年8月には、社内にリテールプロジェクトを立ち上げ、AIショーケースやデジタルサイネージなどのリテールAIの検討を開始。現在は、トライアルの福岡・佐賀プロジェクトにおいて、既存店舗のAIショーケース化、サイネージ搭載を田川店から設備を導入していく方向で進めている。

フクシマガリレイでは、11月18日に新本社が稼働開始。その中にオープンイノベーション拠点となる「MILAB」を開設し、実際の店舗を検証できる「MILABストア」をオープンした。

フクシマガリレイ 専務取締役 福島豪氏は、「顧客がドキドキ、ワクワク買い物を楽しむことができ、ストレスなくスムーズに決済できる環境を構築していきたい」とした。また、商品の買い上げ点数、客単価が上がり、生産性も向上し、店舗の利益が上がる改革・革命を行っていくそうだ。それに加え、デジタル化で商談など、「店舗の無理、無駄、ムラをスマートストアでなくしていきたい」と話す。そのためには、さまざまな企業とエコシステムを構築しながら、MILABでの検証・研究・勉強を深めていきたいとしている。

フクシマガリレイでは、トライアルはもちろん、他の小売チェーンにサービスインフラを外販し、リテールAIを日本に浸透させ、“リテールAIファシリティ企業”を目指す。

欠品を検知するカメラ

テクノロジーよりもオペレーションを重視した運用を目指すRetail AI

続いて、トライアルの独自のAI技術を開発するRetail AI 代表取締役社長 永田 洋幸氏が、同社の取り組みについて紹介した。Retail AIは、AIを推進するためにトライアルが設立した企業だ。近年、米国や中国でAIカメラを活用した無人店舗がオープンしているが、その多くが苦戦している状況だ。

永田氏は、その理由の1つとして「テクノロジーファースト」であり、オペレーションが優先されていないことを挙げた。もう1つは流通業のサービスを把握せずに導入し、店舗の無理、無駄、ムラを理解していないとした。Retail AIでは、店舗のオペレーションを最優先したサービスの提供を意識し、トライアル店舗でPoC(実地検証)を進め、他の流通業も含めたリアルストアのデジタル化を目指している。

「現在位置カメラ」、「人流検知カメラ」、「欠品検知用カメラ」を設置

「MILABストア」では、「現在位置カメラ」、「人流検知カメラ」、「欠品検知用カメラ」を設置。これにより、顧客導線の分析、顧客のマッピング、商品の欠品検知をリアルタイムで可視化することが可能となる。

MI LABの機材設置位置

たとえば、顧客導線を把握することで、店舗内で顧客の流れが密なところ、ほとんど通らない場所など、職人の勘に頼っていた部分をAIで解決できる。また、商品の欠品を検知するカメラでは、商品棚のエリアごとにどの程度の欠品があるかを認識し、仮に棚に空きがあったり、在庫が少なくなった際にアラートを出し、商品の補充に役立ていることが可能だ。

AIカメラによる認識は、商品そのものをカメラで認識するのではなく、棚の空白部分を検知している。また、AIカメラでは、必要なデータだけを静止画で処理し、クラウドに上げている。その際は、テキスト化するなどの工夫により、24時間監視するサーバの負荷を抑えることができ、流通業にとっては負担のないコストで運用が可能となっているそうだ。

人流分析では、売り場ごとに、時間帯の人数を把握可能だ
欠品検知用のカメラでは、棚のゾーンごとに商品の在庫状況を認識する

なお、海外で展開されているAIカメラや重量センサーなどを利用した商品認識や決済の取り組みに関しては、ウォッチはしているが、段階があると捉えており、まずは店舗のオペレーションをより効率的に回すことを意識している。

商品のレコメンド機能、決済機能を装備したレジカート運用の成果は?

プリペイドカードをカートにスキャンしてID認識を行う
カートではレコメンドされた商品が案内される

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP