2019年12月9日8:37

FIDOアライアンスは、2019年12月5日、最新のFIDO導入事例や国内での今後の取り組みについて紹介する記者説明会を開催した。同日にはFIDOアライアンスの活動を紹介するセミナーも開催され、スポンサー企業によるデモンストレーションも行われた。

左からNTTドコモ プロダクト部 プ口ダクトイノベーション担当課長 富山 由希子 氏、ヤフー サービス統括本部 IDソリューション本部長 菅原 進也 氏、ドコモ プロダクト部 プロダクトイノベーション担当部長 森山 光一 氏、FIDOアライアンス エグゼクティブディレクター 兼 CMO(チーフマーケティングオフィサー)アンドリュー・シキア氏、LINE サイバーセキュリティ室 室長 市原 尚久 氏

AndroidやMicrosoftなどプラットフォーム対応が加速

FIDO(Fast IDentity Online)アライアンスは、2012年7月に設立されたグローバルな非営利団体だ。現在、国際的には約250社・団体で活動しており、Visa、Mastercard、Amazon、Googleといったグローバル企業が多く名を連ねている。また、日本では、「FIDO Japan WG」が活動しており、NTTドコモ、LINE、ヤフーがリーダーシップを発揮している。

FIDOでは、共有された秘密を公開鍵暗号を利用して強固なアプローチを目指している。FIDOアライアンス エグゼクティブディレクター 兼 CMO(チーフマーケティングオフィサー)アンドリュー・シキア氏は、その特徴として、「オープンスタンダード」「公開鍵暗号」「シングルジェスチャー」「フィッシング耐性のある多要素認証」である点を挙げた。

FIDOの仕様には、パスワードレス認証の「UAF」、2段階認証の「U2F」、また、「UAF」「U2F」の仕様の良いところを取り入れた仕様である「FIDO2」がある。

2019年の動向として、まずプラットフォーム対応が挙げられる。FIDOアライアンスのFIDO2仕様のWeb APIコンポーネントであるWebAuthnが、正式にW3C Web標準として勧告された。また、FIDO2のブラウザは、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Apple Safari、Operaをサポートしている。特に、Googleは、Android 7.0以降のプラットフォームを対象にFIDO2認定を取得した。また、Microsoftでも、Windows HelloでFIDO2認定を取得し、Windows 10デバイスでFIDO認証の利用が可能になった。これにより、20億超のデバイスでFIDOが利用できるようになっている。シキア氏は、「採用情報を考慮すれば、着実に成功に向かいつつあるといえるでしょう。業界の主要な業者がFIDOを採用しています」と話す。

韓国で初めてのハッカソンを開催、新カンファレンス開催も

グローバルでみると、GoogleとMicrosoftでは、プラットフォームに加え、サービスプロバイダとして機能するようになった。また、Intuitではモバイルアプリ全体でFIDOパスワードレス認証を展開し、SMSベースの多要素認証と比較してサインイン時間を78%短縮し、認証の成功率80~85%を99.9%とした。英国の国民保健サービスNHS(National Health Service)では、開発者がアプリのログインにFIDO生体認証を使えるためのオープンソースが提供されている。米国連邦調達庁(General Services Administration:GS)では、login.govのFIDO認証を有効にした。これは、米国の公務員と連邦政府の従業員が連邦政府機関とオンラインでやり取りするためのシングルサインオンWebサイトだ。eコマースサイトのeBayでは、AndroidやChromeに対応したサインインを可能にしている。

ワーキンググループ(WG)では、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)分野の「IoT部会」、本人確認と認証に必要な紐付けに関する「ID部会」と、それぞれ新しい作業領域を立ち上げた。例えば、IoTの領域では認証の課題に直面しているが、IoTデバイスからパスワードを使った認証をなくし、セキュアなオンボーディングの自動化を行っている。

また、開発者向けのイベントとして韓国でハッカソンを開催。同イベントは成功し、他の地域での開催も検討中だ。今後の予定として、FIDO認証と周辺の技術、イノベーション、そしてFIDO認証を採用しているプレイヤーのエコシステムに焦点を当てた新たなカンファレンス、「Authenticate」を2020年6月2~3日に米国シアトルで開催するという。

世界初、FIDO2を実装したモバイルペイメントアプリもスタート

続いて、日本での活動について、FIDO Japan WG座長のドコモ プロダクト部 プロダクトイノベーション担当部長 森山 光一氏が紹介した。日本では2016年10月に「FIDO Japan WG」が発足から3周年を迎えたが、メンバー企業は発足当初の10社から2019年12月には43社まで拡大している。

2019年5月には、インターナショナルシステムリサーチ(ISR)がFIDO2(Web認証)を活用してSSO(シングルサインオン)サービスでのパスワードレス認証を開始している。また、7月には、ゆうちょ銀行が、「ゆうちょ認証アプリ」にFIDO認証を搭載し、ログインや送金時の認証が可能となった。9月23日には、LINE Payの提供する「LINE Payアプリ」がFIDO認証の搭載を開始している。これは、世界で初めて、FIDO2を実装したモバイルペイメントアプリだ。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

加盟店でのレジ係トレーニング用のテストクレジットカード発売開始。 ターミナルの設定確認にもご利用いただけます。(FIME JAPAN)
【7/8(水)無料開催】セキュリティ対策Webセミナー「ニューノーマルにおけるサービス・業務の非対面化 ~顧客を守る・会社を守るセキュリティの要点~」(セイコーソリューションズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP