2013年12月18日11:41

FIDO(Fast IDentity Online)アライアンスと、SafeNet,Inc.(SafeNet)は米国時間の2013年12月5日、SafeNetがFIDOアライアンスにスポンサーメンバーとして加盟すると発表した。FIDOアライアンスは、業界初の標準仕様に基づいたオンライン認証を推進する団体となる。

FIDOのメンバーは、相互運用性、さらに高度なセキュリティとプライバシー、使いやすさを備えたFIDO準拠の認証方法の実現に向けて、普遍的に強固な認証を可能にするテクノロジーの共有とオープンな仕様の策定に取り組んでいる。SafeNetは、多様性、相互運用性、操作性に優れた多要素認証ソリューションの提供に向け、FIDOアライアンスと協業する。

相互運用性を備えたオープンな仕様は、強固な認証に生じる煩雑さや互換性の問題を解消し、顧客、ビジネスパートナー、従業員の信頼と顧客満足度の向上に貢献する。また、受賞実績のあるSafeNetの多要素認証ソリューションは、データセンター、クラウド、パブリックインフラに格納されている企業データとユーザの個人情報を保護するという。

FIDOプロトコルは幅広い認証技術を完全にサポートすることを特長としている。TPM(Trusted Platform Modules)、USBセキュリティトークン、NFC(近距離無線通信)、OTP(ワンタイムパスワード)、eSE(組み込みセキュアエレメント)といった既存のソリューションや通信規格に加え、指紋スキャナ、音声、顔認識などのバイオメトリクスなど、現在から将来まで幅広いテクノロジーに対応する。同オープンプロトコルは、優れた拡張性、今後登場するイノベーションへの適応、これまでの技術投資の保護を主眼に設計されているそうだ。FIDOプロトコルでは、1つのインフラ内に存在する複数のテクノロジーの相互連携や、個々のユーザや企業のニーズに合わせたセキュリティオプションの設定が可能になる。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP