無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」、サブスクモデルで5年以内に100店舗での導入を目指す

2020年3月18日9:15

TOUCH TO GO(タッチトゥゴー、TTG)は、2020年3月23日にJR山手線の「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗の「TOUCH TO GO」の1号店をオープンするが、17日に記者向けの内覧会を実施した。

600種類の商品を販売
7~10人が同時に入店可能

TTGは、JR東日本スタートアップとサインポストの合弁会社として2019年7月1日に設立された会社だ。サインポストは、2017年度の「JR東日本スタートアッププログラム」の最優秀賞受賞企業に選出されている。JR東日本スタートアップとサインポストでは、2017年度に、サインポストの無人AI決済システム「スーパーワンダーレジ」を使い、無人AI決済店舗の実証実験を大宮駅で行った。2018年度には、商品認識率と決済認識率を向上させ、実証実験を赤羽駅で実施した。その成果を踏まえ、2019年2月21日に合弁会社の設立を検討する基本合意書を締結し、同7月に無人AI決済店舗のシステム開発を行うTTGを設立している。

高輪ゲートウェイ駅にオープンする「TOUCH TO GO」の営業時間は6時~24時。取扱商品は、弁当、総菜、菓子、飲料(アルコール含む)、TOUCH TO GOのオリジナルグッズなど、約600種類。赤羽での実験は140店舗だったため、約4倍の販売点数となる。

具体的な無人AI決済店舗の流れとして、利用者は店内に入り、ゲートを通過(ゲートは1人ずつ通過する)。赤羽の実験では入店を3人までに絞っていたが、7~10人程が同時に入ることができる。TTGでは、将来的には人数制限なく、入店できるようにしていきたい考え。

店内のカメラや重量センサーで利用者と商品を認識
交通系電子マネーで支払いが可能

店内には約50台のカメラを設置。TOUCH TO GO 代表取締役社長 阿久津智紀氏は「商品の認識には、重量センサーに加え、赤外線、二次元の画像も使っています」と説明する。

利用者は、商品を手に取ると、AIシステムでどの人が、どの商品を手に取ったのかがリアルタイムに認識される。出口付近の決済エリアに利用者が立ち、タッチパネルで購入商品と購入金額を確認し、問題がなければSuica等の交通系電子マネーで支払いを行う仕組みだ。仮に金額や購入商品が間違っている場合は、修正を行う。また、決済手段は現在、交通系電子マネーのみだが、6月頃には他の電子マネーやクレジットカード決済を追加する予定だ。

同店舗は無人AI決済店舗としては珍しく、アルコール類も販売しており、タッチパネルで20歳以上かの確認ボタンを押し、バックヤードのスタッフなどが確認したうえで購入できる。

なお、出口付近にはUCCと共同開発したコーヒーマシンを設置。同マシンではゲートを通らずにコーヒーの購入ができる。利用者がマシンにコーヒーカップを入れ、購入する商品のボタンを押して、交通系電子マネーで支払う仕組みだ。

品出しなど店舗のバックオペレーションも改善
リッチクライアント型の決済システムを採用した理由とは?

TOUCH TO GO 代表取締役社長 阿久津智紀氏

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP