b8ta Japanが掲げるRaaSとは?体験にフォーカスした店舗を新宿と有楽町にオープン

2020年7月31日7:53

b8ta Japanは、2020年8月1日に日本初進出となる2店舗(新宿マルイ本館1階、有楽町電気ビル1階)を同時オープンする。同社では、7月28日にプレス向けに説明会を実施するとともに、店舗での出品商品ラインナップを紹介した。

145種類以上の商品が出品

b8taは2015年にサンフランシスコで創業。オンラインの出品と同じくらい気軽に、早く、安価にオフラインでの展開を実現できるプラットフォームだという。米国で23店舗、ドバイで1店舗を展開。海外では、Googleやソニーといった大手に加え、スタートアップ企業も出品している。

b8ta Japan カントリーマネジャー 北川卓司氏

同社のミッションは、「リテールを通じて人々に“新たな発見”をもたらす。」ことだ。店内には、海外の最新ガジェットに加え、日本のモノづくりの技術を生かした商品、D2C ブランドのコスメ、ファッション、フードなど、145種類以上の幅広い商品が並んでいる。店舗を訪れた人は、実際に商品を手に取ることができる。また、実際に試して気に入れば、その場で購入できる商品もある。

b8ta Tokyo – Shinjuku Marui 内観
b8ta Tokyo – Yurakucho 外観・内観

また、他の出品スペースとは異なり、ブランドが独自に壁面装飾や什器等を設置することが可能な「エクスペリエンスルーム」も設置している。「b8ta Tokyo – Shinjuku Marui」には、ネットショップ作成サー ビス「BASE」を利用する加盟店が出品している。「b8ta Tokyo – Yurakucho」にはエクスペリエンスルームが三室あり、オープン時は、Google と、ホームセンターを運営する CAINZ(カインズ)の商品が並ぶ。もう一室はイベントスペースとして出品企業とのコラボイベントなどを開催する。

CAINZ(カインズ)と Googleのエクスペリエンスルーム
エクスペリエンスルームのBASEの商品

なお、テックアパレルブランドの「スタンプ(STAMP)」と、家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」とのコラボレーションも実施。また、b8ta の公式制服である黒のポロシャツに合わせ、FABRIC TOKYOがスタッフの公式ユニフォームのジーンズを手掛けている。

家族型ロボット「LOVOT(らぼっと)」とのコラボレーションを実現。GROOVE X 代表取締役 林要氏
FABRIC TOKYO 代表取締役 森雄一郎氏
一人一人の個性を出しつつ、背面ポケットには、b8ta のロゴマークをレーザープリントし、制服としての統一感を表現。スマホ専用ポケットも付いている

実店舗への出店を手軽に実現する包括的サブスクリプションモデル

b8ta Japan カントリーマネジャー 北川卓司氏によると、b8taに出品するメリットは、ブランド体験コストを最小化できる点だという。b8taは、「サービスとしての小売」である“RaaS(Retail As A Service)”というコンセプトを掲げており、実店舗への出店をより手軽に実現するための包括的なサブスクリプションモデルを採用している。

サービスとしての小売を掲げる

具体的には、1区画約60cm×40cmの場を出品者に提供する。出品料は月30万円前後で、最低契約は6カ月となる。出品者は期間中、最大2回まで展示品の変更が可能だ。日本での展開では、各店舗8名が担う。

例えば、店舗運営に必要な従業員の手配、トレーニングやシフト管理、在庫管理、物流サポート、POSは全て付帯サービスとして月額出品料金に含まれている。また、b8taでは、体験にフォーカスしており、商品の購買や決済自体には関与していないのが特徴だ。

販売を主目的にしない接客

出品者は、ブランドの世界観・イメージを維持した売り場づくり、体験を来店者に届けることができる。さらに、オフライン店舗のデータを活用したマーケティングが展開可能だ。

b8taのスタッフは、各ブランドから直接トレーニングの指導を受ける。また、販売を主目的にしない接客となり、顧客が店舗に来店する際は「こんにちは」からはじめている。

来店者の行動データを可視化

店舗のデモグラフィックカメラでは、入口で来店者の年齢層と性別を識別。また、AIカメラでは、店内の行動導線、立ち止まり率を測定している。さらに、b8taのスタッフが商品説明をした数といった定性的なデータを店舗にフィードバック。出品者はさまざまなデータをダッシュボードで確認し、販売戦略に役立てることが可能だ。

来店客の行動データを可視化

b8taが海外3拠点目に日本を選んだ理由として、北川氏は、①日本人がサンフランシスコの店舗に多く来店したから、②日本人のサービスに対する感度が高いため、アジア展開を視野に展開、③日本からの出資企業が見つかったから、という3点を挙げた。b8ta Japanには、丸井、三菱地所、カインズが出資しており、米国のb8taには凸版印刷が出資している。

前列左から三菱地所 新事業創造部 部長 小林 京太氏、北川氏、丸井グループ 上席執行役員 兼 丸井 取締役社長 青野 真博、後列がカインズ 社長補佐(経営企画担当) 渡邊 喜久氏、凸版印刷 情報コミュニケーション事業本部 マーケティング事業部長 小城 郁夫氏

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

最強レベルのホワイトハッカーによるペネトレーション試験をお引き受けします。(決済ネットワーク、Webアプリ、決済ターミナル向け)(FIME JAPAN)
【8/26(水)開催】CREPiCO「ペイジー口座振替受付サービス」フィットネス・スポーツ業界向けWebセミナー(セイコーソリューションズ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

設立25年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)
PayBやWeChatPay/Alipay等のスマートフォン決済、 リアルタイム口座振替、信頼性の高い収納代行、送金など、 様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP