自己問診の概要(PCI DSS Version1.2徹底解説)

2010年9月21日7:47

<自己問診の概要>

自己問診(SAQ)のタイプは1~5の5種類があり、アクワイアラに提出する「自己問診」は、4種類用意されている(タイプ2と3は同一文書を使用)。「自己問診 A および準拠証明書」(自己問診 B~D)は、PCI SSCのサイト(以下のURL)からダウンロードできる。

http://ja.pcisecuritystandards.org/minisite/en/pci-dss-supporting-docs.html

<SAQ(Self-Assessment Questionnaire)タイプ1>

SAQ タイプ1は、準拠項目がもっとも少なく、最大13項目に絞ることができる。利用する文書は「SAQ A」。カードを提示しない(非対面取引)、かつカード会員データの伝送、処理、保存を自社では行わず、それらの処理を決済代行事業者などサービスプロバイダに完全に依拠している加盟店がここに含まれる。決済代行事業者に伝送、処理、保存処理を完全に依拠するためには、決済代行事業者の提供するカード情報非保持型(画面遷移型)のサービスの提供を受けているということが前提となるはずだ。

このタイプの事業者が準拠すべき項目は、大きく分けて要件9、要件12に限定できる。要件9は、紙などを含めたすべての媒体の管理が対象だ。カード会員データが紙や電子媒体に残るケースを想定しており、安全に保管していることが要求される。9.6~9.10で、媒体の物理的な保護、例えば紙はクロス裁断、焼却しているか、などの実践を問う。紙はどこの企業にもあるため、この要件の適用は必須と考える。

要件12では、12.8の外部委託に関する項目で、カード会員データの処理を依頼する外部委託先の準拠状況を確認することが求められる。国内の代表的なインターネット決済代行であるSBIベリトランス、GMOペイメントゲートウェイ、ソフトバンク・ペイメント・サービス、デジタルガレージ、デジタルチェック、ペイジェント(50音順)などの大手事業者は、すでにv1.2に完全準拠しているため委託可能である。ただし、12.8.4の要求の通り、委託先がPCI DSS準拠を維持し続けているかどうかは、継続的に監視する必要がある。

※本記事は「PCI DSS Version1.2徹底解説」の一部分をご紹介したものです。

■「PCI DSS Version1.2徹底解説」の短期連載目次

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP