PCI DSSとは?

PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)はVisa、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際ペイメントブランド5社が定めた、カードのセキュリティ基準だ。国際ブランドが付与されたカード情報を処理、伝送、保存する加盟店、サービスプロバイダが対象となる。

カード決済に関するデータ保護が目的とされ、以下の6項目12要件が定められている。

安全なネットワークの構築と維持

 要件1:カード会員データを保護するために、ファイアウォールをインストールして構成を維持する
 要件2:システムパスワードおよび他のセキュリティパラメータにベンダ提供のデフォルト値を使用しない

 カード会員データの保護

 要件3:保存されるカード会員データの保護
 要件4:オープンな公共ネットワーク経由でカード会員データを伝送する場合、暗号化する

脆弱性管理プログラムの整備

 要件5:アンチウイルスソフトまたはプログラムを使用し、定期的に更新する
 要件6:安全性の高いシステムとアプリケーションを開発し、保守する

強固なアクセス制御手法の導入

   要件7:カード会員データへのアクセスを、業務上必要な範囲に制限する
 要件8:コンピュータにアクセスできる各ユーザに一意のIDを割り当てる
 要件9:カード会員データへの物理的アクセスを制限する

ネットワークの定期的な監視およびテスト

 要件10:ネットワークリソースおよびカード会員データへのすべてのアクセスを追跡および監視する
 要件11:セキュリティおよびプロセスを定期的にテストする
情報セキュリティポリシーの整備
 要件12:すべての担当者の情報セキュリティポリシーを整備する

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末 (mPOS/SmartPOS) やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

「Alipay」「WeChat Pay」中国最大規模のオンライン決済サービス(トリニティ)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

SaAT ポケレジ スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通FIP)

設立20年以上の実績を誇る決済サービスプロバイダ。クレジットカード決済をはじめ、対面・非対面問わず豊富な決済手段を取り揃え、ニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

決済情報コラムを好評連載中!「コンビニ収納ペーパーレス決済(番号方式)のわずかな、でも大事な違い」(NTTインターネット)

PayBWeChatPayのスマートフォン決済、信頼性の高い収納代行、送金など、様々な決済ソリューションを提供(ビリングシステム)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

クレジット・デビットカード、銀聯カード、ギフトカード、リアルタイム口座振替、ペイジーなどの様々なサービスに関するソリューションをご提供(富士通)

シンクライアント決済ソリューション「Thinc-CORE(シンクコア)」 EMVレベル2認証取得でICクレジットカード対応を実現(セイコーソリューションズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

世界最大のギフト・プリペイドサービス事業者(インコム・ジャパン)

全国180社以上の導入実績を誇る「CARD CREW PLUS」(ジィ・シィ企画)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP