PayPalのCTOらが語るペイメント技術の最先端と「ゼロ・トラスト・セキュリティ」とは?

2021年6月14日8:00

PayPal(ペイパル)は2021年5月20日、デジタル決済におけるセキュリティをテーマにしたメディアラウンドテーブルを実施した。登壇したのは最高技術責任者(CTO)を務めるスリ・シバナンダ氏と、長らくインド支社のトップとして開発陣をリードし、アジア圏の各市場を回りエバンゲリスト的な存在でもあるグル・バート氏の二人だ。

2025年までにユーザー数や決済処理高は倍以上を計画
信頼とセキュリティに支えられたカスタマーの喜びに満ちた経験

ビットコインなど暗号通貨の売買を大手サービスとしては先陣を切って米国市場でスタートさせているペイパルだが、傘下に収めている決済アプリVenmoを使ってオンライン購入の決済のローンチも伝えられている。今回の講演では、ペイパルがどうやってセキュリティを高め維持しながら瞬時の決済を実現しているのかを語りながら、AI(人工知能)やマシンラーニングといった最先端の技術の採用とともに、その最大の武器となるのは日々の大量の取引データから大量のセキュリティ対策のためのアルゴリズムが生成され活かせることであると、同社の優位性が強調。暗号通貨の取引やペイメントへの導入は、たとえ飛躍は先であっても、その取引データの蓄積につながり、金融システムが転換期を迎えても同社がペイメントやセキュリティに関する技術のフロントランナーの地位を確保することができると自信を示した。

スリ・シバナンダ氏は「どこかの販売サイト(=merchant)でクレジットカード番号や口座番号を入力・送信したことなんてないでしょう。販売サイトはそんなもの入手していません。すべては、ワンタイム・トークンで行われ、そのトークンは、その消費者とその販売サイトの間の、その取引にだけに用意されたものです。まさにその時だけ用意されタグ付けられたとしも、後はもうまったく残っていません。それこそ基礎からあらゆるところにまで我々のデザイン・設計するセキュリティが張り巡らされております」とペイパルのカード情報を加盟店で処理しない強みについて語った

2020年の年間の業績としては、世界で3.7億人以上のアクティブユーザを獲得し、9,360億米ドルの取扱高を達成したというペイパル。投資家向けイベントでは5年後の2025年までにユーザ数も決済処理高も倍以上、7.5億人と2兆8,000億米ドルにまで引き上げるという計画がすでに公表されている。

技術陣のリーダーとしてのスリ氏もペイパルにとって肝心なのは、カスタマーの「信頼とセキュリティに裏打ちされた確かで素晴らしい体験」だと強調する。これまで蓄積してきたデジタル資産を活かしながら、金融業界のデジタルインフラからユーザー目線の利用環境をいかにスピーディーに刷新できるかが、ペイパルの優位性であり将来を左右すると語る。スリ氏は「わが社は、常にセキュリティマインドカンパニーとして歩んできた」とした。

インフラからモバイル端末まで、何ものも信頼しせず、脅威が発生する前に施策を講じるという意味で、ペイパルの基本姿勢が「ゼロ・トラスト・セキュリティ」であるとスリ氏語る。

グル・バート氏は、「世界中で、サイバー犯罪に対応するためのコストは上昇を続けています。2015年と2021年を比較すると3兆ドルから6兆ドルへと倍増しています。2025年には、10兆5000億ドルに達するでしょう」と話す。インドでは新型コロナの最中にサイバー攻撃のとてつもない高波が襲っており、香港、シンガポール、日本でも同様の傾向を示しているとした

セキュリティ確保のための技術的なポイント
コロナ禍やリモートワーク普及の影響は日本でも?

実際、スリ氏のスピーチの大半は、同社が取り組んでいる各種のセキュリティ対策を並べ、それをいかに維持向上させているかを説明することに費やされた。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームを中心にご紹介、決済事業者様のデジタルトランスフォーメーションやFintechへの取り組みを強力にご支援します。(エクサ)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP