サイバーエージェントとクレディセゾンの新会社「CASM」の強みとは?

2021年8月31日8:30

「決済データ✕ネット広告」で顧客の行動変容を促す

2021年6月に設立したサイバーエージェントとクレディセゾンの合弁会社、CASM(キャズム)。インターネット広告とカード決済データを掛け合わせることによって、現状分析にとどまらず、顧客の行動変容を促し売上増に導くマーケティングソリューションの開発・提供を目指す。CASM 代表取締役 下田満氏と同社取締役でクレディセゾン 執行役員(兼)デジタルマーケティング部長 川原友一氏に事業の現状と今後について話を聞いた。

カード決済情報にもとづいたマーケティングソリューションを提供

国内外でオルタナティブデータの利活用に注目が集まる中、サイバーエージェントとクレディセゾンは、カード決済データを活用したマーケティングソリューションを提供する合弁会社、CASMを立ち上げた。

記事のポイント!
①サイバーエージェントとクレディセゾンがタッグ
②金融商品主軸の広告/マーケティングソリューション開発・提供
③CLOなど決済データ活用の先駆者クレディセゾンは眠っているニーズを掘り起こせると期待
④複数の広告主から具体的な要望
⑤年内にも具体的な活用事例が登場?
⑥新しい切り口のサービスとして広告主に価値を提供へ
⑦新たな事業領域の開拓にもトライ

CASM 代表取締役 下田満氏

サイバーエージェントは、社内研究開発組織「AI Lab」で、AIのマーケティング活用に関する研究に多数取り組み、オルタナティブデータ活用に関する研究にも積極的だ。また同社は、インターネット広告事業、ABEMAやAmebaなどのメディア事業を通して広告主との幅広いネットワークを有している。一方クレディセゾンは、カード会員約3,600万人の決済データを日々取得、保有している。「マーケティングのノウハウを進化させるために決済データを活用したい」サイバーエージェントと、「保有するデータの新しい使い方や価値を見出したい」クレディセゾンの意向が合致して、新会社の設立に至った。

クレディセゾンはカード会員の情報を、個人が特定されないかたちに加工してCASMに提供する。サイバーエージェントの「AI Lab」の中でCASMと直接連携するのは、AIと経済学の融合に関する研究を行う経済学チームだ。経済学の知見を用いて人流や小売業の商圏、購買データなどの分析にあたっている。CASMはセゾンカード会員向けレコメンド情報の最適化、カード決済情報を活用したマーケティングソリューションの開発・提供、新規ビジネスの創出に取り組んでいく。

協業により決済データの活用領域を拡大、新たなニーズの掘り起こしも

川原氏は今回の新会社設立に関して、「データのマーケティング活用というのは、顧客の行動を変容させてこそ成功と言えます。現状認識で終わっては意味がない。われわれがサイバーエージェントと組んだ理由はまさにそこにあります」と説明する。

「これまでクレジットカード会社による決済データのマーケティング活用の王道はCLO(Card Linked Offer)でしたが、自社メディアだけではリーチできる範囲に限界がある。オルタナティブデータのキモは、活用領域をどこまで広げられるか。インターネット広告の巨人であるサイバーエージェントと組むことで、われわれがアプローチできる領域を一気に広げることができるのです」(川原氏)

CASM 代表取締役 下田満氏と同社取締役でクレディセゾン 執行役員(兼)デジタルマーケティング部長 川原友一氏

クレディセゾンのカード会員向けメディアには、ニッチな市場を狙うBtoB商材などにおいてはターゲットをピンポイントで狙い撃ちできる強みがあるが、市場が広いBtoC商材においてはインターネット広告やSNSの活用が効率的だ。「われわれはメール配信なども活用していますが、最近は特に若年層でメールよりもSNSを使う人が増えています。そこで今後はサイバーエージェントのノウハウを活かして、SNS広告やディスプレイ・ビデオ広告など多様なメディアを活用したマーケティング戦略を実践していきます。広く情報が行き渡って、『こんな商品が欲しかった、カードを使って買おう』と思ってくれるカード会員が増えれば、結果的にセゾンカードの売上増にも寄与することができます」(川原氏)と期待を寄せる。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
モバイル決済端末(mPOS/SmartPOS)やQRコードリーダーをOEM/ODMでご提供します。お客様に代わってセキュリティ認定も取得可能です。(飛天ジャパン)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

シンクライアント型電子決済サービス(トランザクション・メディア・ネットワークス)

「ハウス電子マネー/ギフトカードサービス」のニュース、導入事例のご紹介(富士通Japan)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

PCI P2PE 認定国内実績 No.1!多様なチャネルに対応し決済の新たな未来を創 造します(ルミーズ)
QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
「法人カード調査部」法人カードのおすすめはこれだ!年会費無料・ポイント還元率・マイルなどタイプ別で厳選紹介(LITE)

オリジナルデザインで作れる、Amazonギフト券(トリニティ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

国内ICカードシェアNo.1(大日本印刷)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP