エンタメ、Eコマース、IoT等に「GO-NET MV / ID決済支援サービス」提供(GO-NET Japan)

2021年9月2日6:00

Global Open Network Japan(GO-NET Japan)は、デジタルエコノミーに対応する新たな決済サービス製品構想を発表した。

「GO-NET MV/ID決済支援サービス」ソリューションイメージ(GO-NET Japan)

新サービスとなる「GO-NET MV/ID決済支援サービス」では、顧客IDなどに紐づいたGO-NETの決済Walletが、クレジットカード会社承認のもと一時的な利用枠を保持し、 最大秒間10万件レベルの大量かつ高速なリアルタイム決済処理を可能とする決済インフラの提供を目指すという。オンライン・ライブなど多数の参加者が集うイベントやEコマース、IoTサービスなどにおいて、顧客IDやコンテンツID、デバイスIDなどのデジタルIDを起点としたさまざまな決済を処理すること可能になるという。

具体的には、加盟店(ライブ配信事業者などのサービス事業者)の個々の顧客ごとに、 GO-NETがWallet ID(クレジットカード番号に代わるトークン)を発行する。加盟店では自社の顧客IDとGO-NETのWallet IDを紐づけて管理することで、クレジットカード情報を保管する必要がなくなる。GO-NETはWallet IDと紐づけてクレジットカード情報を保管する。 加盟店からのクレジットカードオーソリ電文をトリガーとして、 オーソリ承認金額に応じた利用枠を作成し、一定期間保持するそうだ。

利用枠の金額以下の取引については、GO-NETがアクワイアラに代わり応答処理を行う。GO-NETのWalletは秒間10万件の処理能力を有し、アクワイアラのシステムに追加の負荷をかけることなく、大量なトランザクション処理を可能とする。

同サービスのターゲット市場は、ライブ・エンターテイメント業界のほか、EコマースやIoTサービスなど、顧客IDやコンテンツID、デバイスIDなどのデジタルIDを起点としたビジネスが行われるデジタルエコノミー分野となる。

なお、クレジットカードとの連携については、三菱UFJニコスなどとの提携により、主要国際ブランドをカバーする予定だ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP