海外でグリーンフィンテックへの取り組みが加速。日本にもついにサービスが上陸!

2022年1月13日8:00

気候変動による影響から、海外では環境保護への貢献と金融事業を組み合わせた「グリーンフィンテック」に注目が集まっている。「カーボンニュートラル」を掲げるデジタルバンクが生まれ、消費行動を可視化するアプリサービスも登場している。日本にもその波は押し寄せ、まずはクレディセゾンがグリーンフィンテックサービスをローンチすることを発表した。

通販研究所 渡辺友絵

記事のポイント!
①欧米では20~30代のデジタル・ネイティブ世代を中心に支持
②アプリとデビットカードを連動させた「トレッド」
③グリーンデジタルバンク設立
④クレディセゾンがDATAFLUCTと業務提携
⑤全銀協もイニシアティブを策定
⑥日本でもカーボンニュートラルを目指す消費行動は拡大へ
⑦メーカーや小売業もニーズに沿った対応が必要に

■若い世代が注目する「カーボンニュートラル×消費行動」サービス

2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」の取り組みはSDGs(持続可能な開発目標)とも密接に関係しており、欧米を中心に官民挙げてさまざまな施策が始まっている。その1つとして、フィンテックに「環境保護への貢献」という要素を加えた「グリーンフィンテック」と呼ばれる動きが活発化。欧米では20~30代のデジタル・ネイティブ世代を中心に支持されているという。

グリーンフィンテックを掲げるスタートアップのデジタルバンクが多額な資金を調達したり、アプリを通じてカーボンニュートラルなサービスを開始したりという動きがトレンド化。個人が日常生活の消費行動を少し変えるだけで、環境への負荷軽減につながるとして注目されている。

■アプリとデビットカードの連動で消費行動を「見える化」

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。
「Paymentnavi Pro2021」の詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

電子マネー、クレジット、QR・バーコード、共通ポイントなど、多数のキャッシュレス決済サービスをワンストップで提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)
決済領域を起点に多様なビジネスニーズに応える各種ソリューションを提供(インフキュリオン)
ReD ShieldやSift等の不正検知サービスを提供し、お客様の不正対策を支援(スクデット)
「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
TOPPANの決済ソリューションをご紹介(TOPPANデジタル)
多様な業界のニーズに対応した、さまざまなキャッシュレス・決済関連サービスを提供する総合決済プロバイダー(DGフィナンシャルテクノロジー)
決済業務の完全自動化を実現する「Appian」とクレジット基幹プラットフォームを合わせてご紹介!(エクサ)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

PAGE TOP