ジャックス、クレジットカードの不正利用検知システムにAIを導入 真正利用阻害を最小限に抑え、ルール作成やモニタリング業務を軽減

2022年4月6日8:30

ジャックスでは、フィッシング詐欺などによるクレジットカード不正利用の急増に対応するため、2021年10月、クレジットカード不正検知システムにAIアルゴリズムを導入した。日々アップロードされる最新のデータを用いてリモデリングされるアルゴリズムにもとづき、AIが取引の正当性をスコアリングする。これにより、人手で行うルール作成、モニタリングの業務量をカバーするとともに、社員の利用者との連絡、利用明細の書き替えといった後続作業の負担を軽減させることにつながった。一方で真正利用の阻害は最小限に抑えられており、当初の見込み以上に利益への貢献度が大きいと、同社は導入の効果を高く評価している。(書籍「ペイメントビジネス・セキュリティ対策の仕組み」より)

急増するカード不正利用に対応
ACEPlus にAIアルゴリズムをカスタマイズ

ジャックスは、クレジットカードの不正利用検知に、PKSHA Technology(パークシャ・テクノロジー: PKSHA)が提供するAIアルゴリズムを活用している。PKSHAの「PREDICO for Financial Intelligence」を、同社で稼働しているインテリジェントウェイブ(IWI)のクレジットカード不正利用検知システム「ACEPlus(エースプラス)」に合わせてカスタマイズし、導入した。カード会社のPKSHAのAIアルゴリズム導入事例は、クレディセゾンに続いて2例目となる。

日本のカード業界では2020年ごろからフィッシング詐欺が増加。ジャックスもまた、カード情報盗用による不正利用被害の急増に悩まされていた。同社では人手によるルール作成によって「ACEPlus」で不正利用対策を行っていたが、経験、知見豊富な人材の確保を含め、人手での対応には限界がある。これをなんとか自動化したいと考えていたとき、IWIからAI導入の提案があり、検討を開始。2021年2月に導入決定を発表し、過去のデータを用いたPoC(Proof of Concept:概念実証)を経て、9月下旬にオフラインで試験的に利用を開始、10月からオンラインで本格始動するに至った。

ジャックス カードセンター セキュリティ課 課長 白阪美穂氏は「AIのアルゴリズムにより、業界として不正が増えている中で業務が遂行できています。今後の取り組みとして、AIを生かしつつ、スコアとの併用でルールの精度を高めたもので不正の抑止につなげていきたいです」と話す

前日までのデータを使い
アルゴリズムを毎日リモデリング

AI導入当初は、従来のルール作成をメインに、半年から1年かけて徐々にAIの活用を広げていく計画だった。しかし「AIが予想以上に賢くて、検証期間は半年も要らないという結論になり、12月からAIを前面に立たせる体制をとりました」とジャックス カード・ペイメント業務部 石﨑隆氏は説明する。

AIアルゴリズムは、前日から直近の一定期間のデータを用いて日々リモデリングされる。加えて、そのリモデリングが正しかったかどうかを週単位で検証する。これを、人的リソースを使わず、自動で行う。

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

スマホ会員証でポイントサービス。今イチオシの「VALUE GATE」(トリニティ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

ネットビジネスを始めた方が選ぶ「おすすめしたい」決済代行サービス部門No.1。クレジットカード決済が初めての方も切り替えの方も、事業者様のニーズに合わせて最適な決済方法をご提案します。(ゼウス)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

QRコードを活用したパスワードレスの認証方式で不正アクセスを未然に防止 セキュリティ課題を解決する認証サービス「認証BANK QR Auth」(セイコーソリューションズ)
チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP