コロナ禍での不正使用の増加、財務的な損失も顕著に(Stripe調査)

2022年7月21日8:20

インターネット向け経済インフラのプラットフォームを構築する Stripe は、オンラインにおけるカード不正使用に関するレポートを発表した。これによると、世界各地で不正使用が増加しており、中でも南米の企業が特に不正使用を経験していることがわかった。同レポートでは、不正使用が増加した理由、地域および企業規模による不正使用の違い、不正使用がビジネスに与える影響、不正使用の動向予測を詳細に分析している。

新型コロナウイルスの感染拡大により、EC 市場は歴史的な成長を遂げた。2021 年には 1,400 社の企業が新たに Stripe の利用を開始し、Stripe の全ユーザー企業が処理した決済額は 6,400 億ドルを超え、前年度から 60% 増加した。しかし、EC 市場の成長と新規ユーザーの増加が相まって、不正使用の増加に繋がる結果となった。 

新型コロナウイルス感染拡大以来、 不正使用の防止が困難になっていると回答(Stripe)

調査回答企業の64% (日本:54%)は、新型コロナウイルス感染拡大以来、不正使用の防止が困難になっていると回答した。上記のうち 56% (日本:61%)は、パンデミック前と比べてより複雑かつ巧妙な不正使用に直面していると回答した。41% (日本:35%)は、パンデミック前と比べてより多くの不正使用に直面しているとしている。

2020年3月から5月にかけて、不正使用関連以外の理由コード (「商品が届かない」「商品に不満がある」等)による申請が発生した決済取引は、2019年の2倍以上となった。パンデミックの発生から1年間で、盗難カードの情報が有効で買い物に使用できるかどうかを確かめるカードテスティング攻撃の試みを受けたビジネスの割合は 40%急増した。

同調査対象企業の 90% は、EC での不正使用を防止することが自社のビジネスにとって重要であると回答した。しかし、不正使用の方法は業種や企業の所在地によって微妙に違いがあり、複雑な様相を呈している。

このコンテンツは会員限定となっております。すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。
会員登録(無料)をご希望の方は無料会員登録ページからご登録をお願いします。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

チャージバック保証、不正検知・認証システムなどクレジットカード不正対策ソリューションを提供(アクル)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP