アメリカン・エキスプレスの新グリーン・カードは月会費制で日常使いを目指す

2022年9月29日8:00

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(American Express)は、「アメリカン・エキスプレス・カード」を「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」として 10 年ぶりにリニューアルすると発表した。同社では、月額制を導入し、日常使いのカードを目指す。

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本社長 吉本 浩之氏(右)、プロダクト担当 副社長 山本尚氏(左)、ゲストでタレントの筧 美和子さん(中央)

「お客様の『やってみたい』をかなえる」
「毎日を充実させたい人」に向けたカード

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本社長 吉本 浩之氏によると、同社では「お客様の『やってみたい』をかなえる」ことを大切にしてきたという。便利・安心に利用できるクレジットカード決済に加え、イベントへの招待、チケットの先行販売、ダイニングイベントを開催するなど、会員がやってみたいをかなえてきたそうだ。同社では、グリーン、ゴールド、プラチナに加え、エアライン、百貨店、ホテルなどの提携カードなど、20種類のカードを発行し、会員のニーズに応えている。

ライフスタイルが変化する中、多くの人がワクワクする毎日を過ごせるように、グリーン・カードを「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」としてリニューアルすることになった。

具体的なサービスについては、プロダクト担当 副社長 山本尚氏が紹介した。まず、グリーン・カードのターゲット層については、「毎日を充実させたい人」だという。券面のデザインは変更していないが、「アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード」という名称が付くのは今回が初だ。また、従来通り、アメックスのタッチ決済にも対応している。カード利用で貯まるポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」では、100円につき1ポイントが付与される。

年会費はこれまで1万3,200円(税込)だったが、リニューアル後は月会費制の1,100円(税込)に変更となる(家族カードは月額550円)。既存会員も2023年3月以降の年会費請求月から月会費制に変更される予定だ。なお、月会費制は日本のアメリカン・エキスプレスでは初となるが、海外ではすでに10カ国ほどで展開されている。

提携先と「グリーン・オファーズ」を提供
毎日「やってみたい」が続く

今回のリニューアルの最大の特徴は、Laxus(ラクサス)、KARITOKE(カリトケ)、メルセデス・ベンツ レント、エノテカ・オンライン、menu(メニュー)、Berlitz(ベルリッツ)、norton(ノートン)、ベネフィット・ステーション(2023年開始予定)と提携し、会員がお得にサービスを利用できる特典「グリーン・オファーズ」を提供することだ。例えば、ワインの購入、レンタカーのサービスの利用、フードデリバリー・ サービスの利用、バッグや腕時計のサブスク・レンタルのサービスなど、日々の生活にかかわる便利なサービスをお得に利用可能だ。

当日は、ゲストでタレントの筧 美和子さんが登壇。筧さんも今回を機にグリーン・カード会員となったが、カードフェースが気に入ったようで、「使う度にデザインを見るとテンションがすごい上がります」と語った。また、「これをきっかけに始めることも増えそう」と話す。

新たな提携パートナー追加も予定
「スマートフォン・プロテクション」も追加

今後、会員ニーズや反響に応じて、「グリーン・オファーズ」は新たな提携パートナーを追加していく予定だ。月会費制のため途中退会のリスクも考えられるが、山本氏は「幅広い方にお楽しみいただきたい」と説明する。同社が実施したアンケートによると、「日常の生活をもっと便利で豊かにしてくれるサービスに魅力を感じる」と回答したのは 80.5%となった。そのため、リニューアル後の特典は、継続的に利用してもらえるサービスを充実させたという。

新サービスでは、スマートフォンの画面にヒビが入ったり、水濡れしたときなどの修理代金や、火災・盗難に遭った際の購入代金を1年通算3万円まで補償する「スマートフォン・プロテクション」が追加されたが、「スマホの修理費などの補償サービスに魅力を感じる」と回答した人は68.8%となった。

さらに、空港ラウンジのサービスも継続したが、「空港ラウンジが利用できるサービスに魅力を感じる」は 52.7%の回答となっている(2023 年3月1日の利用より、空港ラウンジで従来無料だった同伴者は有料となる)。

他カードでの月会費導入については?
券種ごとの特徴を明確にする目的も

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP