USJで新たにクロスボーダー決済「Alipay+」を導入(USJ/アントグループ)

2022年10月11日17:30

ユー・エス・ジェイが運営するユニバーサル・スタジオ・ジャパンと、アントグループは、「Alipay+(アリペイプラス)」のパーク内決済への導入に関してコーポレート・マーケティング・パートナーシップ契約を締結したと発表した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、海外主要マーケットでの知名度が高いアリババグループ傘下の Fliggy(フリギー)と協業してパークを主要目的地とした日本観光の需要回復を加速させ、観光産業の復興に貢献したいとしたUSJ)

同パートナーシップにより、パーク内のチケットブースやマーチャンダイズ・ショップ、レストランにおいて、アントグループが提供するクロスボーダー電子決済ソリューション「Alipay+」が新たに利用できる。両パートナーは、マーケティング・キャンペーン、プロモーションなどで協業して、ゲストにとっての利便性を促進していくという。

同提携により、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、アジア圏で展開されている主要QRコード決済が利用可能になり、より多くの国の訪日客・パーク来場者の買い物における利便性向上が期待される。また、Alipay+を通して、各海外のウォレットユーザー向けにクーポン配布などのキャンペーンを実施することでパークへの効率的な集客と全体的な顧客体験の向上につなげていきたいとしている。

なお、USJでAlipay+を通じて利用可能なQRコード決済は、中国のAlipay(アリペイ)、中国香港のAlipayHK(アリペイホンコン)、韓国のKakao Pay(カカオペイ)、フィリピンのGCash(ジーキャッシュ)、シンガポールのEZ-Link Wallet(イージーリンク・ウォレット)、マレーシアのTouch ‘n Go eWallet(タッチン・ゴー・イーウォレット)、タイのTrueMoney Wallet(トゥルーマネーウォレット)となる。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
決済業界において30年以上の歴史を誇るシステムベンダー。ブランドプリペイド/デビット、クレジットの基幹プラットフォームをはじめ、幅広いサービスラインナップを用意。(エクサ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

40ブランドに対応するキャッシュレス決済ゲートウェイ事業のほか、ハウスプリペイドやクラウドPOSなどのマーケティングソリューションを提供する情報プロセシングカンパニーです。(トランザクション・メディア・ネットワークス)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP