「tance mall」がCARDNET端末「JT-VT10」へ対応開始(tance)

2022年12月12日7:10

tance(タンス)は、2022年12月7日、日本カードネットワークのCARDNET端末「JT-VT10」へ、サービスプラットフォーム「tance mall(タンスモール)」の対応を開始した。

tance mallの提供スキーム(tance)

tanceは決済端末への対応を開始し、追加機能をリリースすることに加えて、営業パートナーとの提携も開始した。現時点での営業パートナーは三菱UFJニコス、ユーシーカード、ジェーシービー、ジェイエムエスであり、今後さらに拡大予定だという。

決済端末JT-VT10への対応開始に伴い、店舗事業者は、サービス利用料の精算(tance mall支払い)やtance mall経由でのサービス申し込み受付、また契約情報の一元管理が可能になる。tance mallからのサービス申し込みで決済端末にサービスアプリケーションが配信可能になることで、利用シーンに応じた使い方ができるようになるとしている。また、サービス事業者は集金代行や定額制の課金サポート、提供サービスの一元管理が可能だ。

tanceは2022年7月にtance mallの提供を開始。7月の公開で、まずはWebサービスや汎用端末などで対応を開始しており、今回は決済端末JT-VT10への対応を開始した。今後は、SB C&Sが提供し、SBペイメントサービスが決済代行するモバイル型オールインワン決済端末「PayCAS Mobile」(2023年3月末)、トランザクション・メディア・ネットワークスの地方金融機関向け決済プラットフォーム「nextore」(2023年春頃)、アイティフォーのマルチ決済端末「iRITSpay」(2023年春頃)などの端末・サービスに対応予定だという。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

Global Payment Technology Solutions(インコム・ジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP