Fime、市場が拡大する生体認証デバイスやシステムを検証するテストサービスを提供

2023年1月20日8:30

Fimeでは、生体認証システムやデバイスの機能、パフォーマンス、セキュリティ強化に向けた生体認証に関するテストサービスを行っている。生体認証サービスを提供する企業は増えているが、現時点ではそれを取り扱う標準や規則はそれほど多くはない(参考記事)。そのため、テストサービスを提供することで、生体認証精度の向上やセキュリティ強化を支援している。

Fime ビジネス・デベロップメント・マネージャー Julien Hue氏。フランスパリで開催された「TRUSTECH2022」において

認証試験サービス等を世界的に展開
「生体認証テストサービス」を強化

Fimeはコンサルティング、テストツール、試験サービスを提供する世界的な企業だ。グローバルにサービスを提供しており、アジアでは台湾、日本、中国などにもラボがある。同社では、EMVCo、 PCI、モバイル決済関連技術などのペイメント分野、NFC関連のテストソリューションを提供している。例えば、カード、モバイル関連製品、POSなどの決済デバイス、アプリケーションが業界の規格に準じているかを認証している。

また、テクニック・アドバイザリー・サービスを展開。同社の決済等に関する技術的専門知識により、市場投入までの時間を短縮可能だ。製品開発のアドバイスを行い、セキュリティを高め、規制要件を満たし、ソリューションをテストし、ビジネス目標の達成を支援している。

Fimeでは、新たなサービスとして、市場が拡大する生体認証のテストを行う「生体認証テストサービス」を提供している。Fimeでは現在、モダリティー(指紋認証、顔認証、行動認証、マルチモダリティー)、規格(Android, FIDO, Mastercard, ISO 19795-1/ISO 30107-3)、その他(温度、湿度等の環境試験、顧客の目的に応じたカスタマイズ試験)の生体認証デバイスの試験を提供しているそうだ。フランスなどのラボでは、AIやマシンラーニングを用いたテストが可能だ。

市場投入前に検証し精度を確認
テストサービスで誤差や不正をより少なく

このコンテンツは会員限定(有料)となっております。続きを読むには「Paymentnavi Pro 2022」のお申し込みが必要となります。
詳細はこちらのページからご覧下さい。

すでにユーザー登録をされている方はログインをしてください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP