「AIを活用したまちづくり」実証実験(NTT西日本/京阪HD/NTT/NTTデータ)

2023年1月24日17:00

NTT西日本、京阪ホールディングス(京阪HD)、日本電信電話(NTT)、NTTデータは、2022年10月に大阪・京橋駅周辺エリアで「AIを活用したまちづくり」の検討開始を発表したが、このほど新たに協力パートナーを加え、取り組み内容が決定したため、2023年1月23日より実証実験を開始する。

2022年10月より「AIを活用したまちづくり」の検討を開始し、協力パートナーの参加者募集を行ったが、京橋エリアの主な商店会団体である京橋地区商店街連絡協議会(10団体)およびIntelligence Designが主旨に賛同し、協力パートナーとして、実証の企画検討やAI解析技術の提供等を実施することとなった。

同取り組みでは、京橋エリアに人が集まり・留まる施策を企画し、それをスマホアプリ「みんなのスマートシティ(みんスマ)」アプリを通じて市民参加型コンテンツとして提供する。そして、実際に京阪HDの商業施設や商店街の滞留人口の増減を「みんなのまちAI」で分析し、さらなる滞留人口の増加によりまちの活性化を目指す。

同取り組みでは、2つの実証実験を行う。1つ目は、まちのデジタル化コストの削減を目的としたセンサーレスでのまちの可視化・分析だ。同実証実験では、NTT西日本が独自に開発したまちの分析・可視化・未来予測プラットフォーム「みんなのまちAI」を利用する。2つ目は、市民がまちづくりに参加しやすくなるための仕組みづくりだ。同実証実験では、NTTとNTTデータが開発中のまちと人との接点となるまちづくりアプリ「みんスマ」を利用し、市民がまちを自分事にしたり、楽しみながらまちのために行動したりできるかを検証する。

なお、NTT西日本が独自開発した「みんなのまちAI」では、人流や建物のデータやその他のオープンデータを蓄積し、まちの詳細な情報を分析・予測し、デジタル上に再現する。同プラットフォームにより今までわからなかった細かい粒度(メッシュ)での人の行動目的や行動予測が可視化され、より精緻な売上予測や混雑予測、交通シミュレーション等が可能となるそうだ。

具体的な例として、クエストに参加して、京橋エリアを再発見したり、すれ違い通信でカードを交換して、京橋エリアの人を知ることができる。さらに、「みんスマ」での投稿やすれ違いといった京橋エリアでの活動に応じて、京橋エリアで使えるクーポンを入手可能だ。それが商店街や地域密着の店舗に足を運ぶきっかけとなり、京橋エリアの活性化につながるとしている。

「みんスマ」でのクエストのイメージ(NTT西日本/京阪HD/NTT/NTTデータ)

なお、同取り組みでは、この2つの実証実験を組み合わせて、スマートシティの実現に必要なデータを、まち(構造物)のセンサーから取得するのではなく、人(市民)のリアルデータから取得する。「みんなのまちAI」に「みんスマ」で取得したまちの詳細なリアルタイム情報やカメラ画像のAI解析にて得た情報を取り込み、より精度の高い予測を行う。その結果を次の企画(クエスト等)に反映し更なる滞留人口の増加を図るそうだ。

この記事の著者

paymentnavilogo1

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP