「salo-01」が日本自動保管機のロッカーシステムでのキャッシュレスで採用(ルミーズ)

2023年1月25日11:50

ルミーズは、自動精算機・自動販売機向けにクレジットカード・電子マネー・コード決済などすべてのキャッシュレス決済機能を持つ組込型マルチ決済端末「salo-01」を提供してきたが、このほど日本自動保管機が提供するロッカーシステムのキャッシュレス決済端末として採用されたと発表した。日本自動保管機が提供するロッカーシステムは、すでに電子マネー決済に対応していたが、今回の「salo-01」との連携によって、クレジットカード決済やコード決済にも対応可能になる。

ロッカーシステムのキャッシュレス決済端末として採用(ルミーズ)

日本自動保管機が提供するロッカーシステムは、空港や駅などの交通拠点のほか、スキー場やショッピングモール、文化施設など、さまざまな場所に設置されている。用途に応じた機能を持つ製品をラインナップしており、今回マルチ決済端末「salo-01」を組み込んだロッカーは、2023 年 2 月上旬より「アトレ竹芝」(港区)シアター棟に設置予定だ。「salo-01」導入については、クレジットカード決済において、IC カードに加え、タッチ決済にも対応している点が評価された。特に、海外での普及率が高いタッチ決済に対応することで、今後増加が予想されるインバウンド訪日客の受け入れ強化にもつながると、効果を期待しているという。また、日本自動保管機では、生鮮食品の一時保冷サービスに最適な冷蔵ロッカーもラインナップしており、「salo-01」を組み込むことで、マルチ決済対応の冷蔵ロッカーとしては国内初の事例となる見込みだ。

ルミーズ株式会社

〒384-0026
長野県小諸市本町 3-2-25 菱屋本町ビル(東京オフィス 〒107-0052 東京都港区赤坂1-7-1 赤坂榎坂ビル5F)
私たちルミーズ株式会社は、決済代行サービスを基盤に、“Payment SIer”として、あらゆる決済に関するシステム構築を手がけてまいりました。特にPCI P2PE認定では、国内No.1の実績を誇り、PCI P2PEソリューションを構築する際に必要な全てのプロセスを「aegise P2PE Framework」で提供します。ルミーズが蓄積した多くのノウハウで、貴社のビジネスを安全かつ強力にサポート。決済のことならまずはルミーズへお問合せください。

関連記事

ペイメントニュース最新情報

「お金の流れを、もっと円(まる)く」決済ゲートウェイ事業のパイオニアとして、強固なシステムでキャッシュレス決済を次のステップへと推進します。(ネットスターズ)
電子マネー、クレジット、QRコード、共通ポイント、ハウスプリペイドなど、43サービスをご提供(トランザクション・メディア・ネットワークス)

非対面業界唯一!!カード会社とダイレクト接続により、安心・安全・スピーディーで質の高い決済インフラサービスを提供。Eコマースの健全な発展に貢献する決済代行事業者(ソニーペイメントサービス)

現金とキャッシュレスの売上をリアルタイムに確認可能なIoTプラットフォーム「IoT Cube」/Pay BOX(飛天ジャパン)

国内最大級のクレジットカード情報データベース(アイティーナビ)

BtoCもBtoBも。クレジットカード決済を導入するならSBIグループのゼウスへ。豊富な実績と高セキュリティなシステムで貴社をサポートいたします。(ゼウス)
決済シーンにdelight(ワクワク感)を!PCI P2PE 認定国内実績 No.1の「確かな信頼」を提供します(ルミーズ)
stera terminalでお店のポイントがつけられる「VALUE GATE」(トリニティ)
トッパンの決済ソリューションをご紹介(凸版印刷)

国内最大級の導入実績を誇る決済代行事業者(GMOペイメントゲートウェイ)

不正決済対策の本質と弊社のサービス提供スタンス(スクデット)

Spayd スマートフォン、タブレットがクレジット決済端末に!(ネットムーブ)

DNPキャッシュレス 決済プラットフォームをご紹介(大日本印刷)

EMVCoや国際カードブランドから認定を受けた試験機関(テュフズードジャパン)

カードシステムシェア70%の実績「NET+1」、不正検知システム国内導入実績NO,1「ACEPlus」(インテリジェントウェイブ)

PAGE TOP